相鉄直通線の工事が複数の箇所で同時に進められています。前回は「羽沢横浜国大駅」の様子を紹介しましたが、今回は西谷駅に行ってみました。

 

相鉄直通線羽沢横浜国大駅の工事の様子 場所は再開発なら劇的な変化に

 

初めて訪れた西谷駅の印象なのですが、とてものどかな感じで、失礼ながら大都市横浜という雰囲気はあまりありませんでした。

 

相鉄西谷駅は、確かに横浜駅まで行くのなら15分程度で便利なのですが、横浜駅の乗り換えを考えると東京都心に向かうのはちょっと不便です。

 

その辺りが西谷駅の周辺の家賃相場にも影響をしていて、西谷駅は横浜都心からはそこそこ便利な立地ながら家賃相場はそれほど高くはないのです。

 

しかし、これが相鉄直通によって激変する可能性があります。なぜなら相鉄直通のルート上の停車駅を考えると、一気にその不動産価値が上がる可能性を秘めているからです。

 

スポンサーリンク

相鉄西谷駅周辺の工事の様子

 

相鉄西谷駅周辺の工事の様子を見てきました。相鉄直通線は地下式の路線になりますが、西谷駅から「西谷トンネル」へ徐々に下りる様子を見ることができます。

 

工事現場周辺はこのような感じでなかなか撮影が難しい状況です。

 

 

踏切から撮影をしてみました。向こうに線路を横断する陸橋があるので、行ってみます。

 

工事現場の生々しい様子が見ることができます。

 

 

ただ、この陸橋なのですが、背が高い目隠し?がありますので、現場を確認するのは少し難しい状況です。写真右下に西谷トンネルへ向かう様子が見えそうなのですが。

 

隙間からなんとか撮ってみました。建設中の新しい線路を見ることができます。

 

 

スマホを落としそうで不安でしたが、手を外に出して撮影。今度はクリアにその様子を見ることができます。

 

 

逆側の西谷駅方面の様子です。ここから将来は横浜方面向かう列車と都心直通の列車に分かれるわけですね。

 

 

西谷駅に列車が入線していきます。この車両もそろそろ引退も近いでしょうかね。

 

 

スポンサーリンク

相鉄直通線の停車駅

 

相鉄直通線は、開通時期は異なりますJR直通線と東急直通線に分かれます。

 

JR直通線は羽沢横浜国大駅から、JR湘南新宿ライン経由新宿駅方面へ直通予定です(一部は東京駅にも行く構想も)。

 

東急直通線は、羽沢横浜国大駅を出た列車は、東急日吉駅で合流し東急・都営地下鉄目黒線目黒駅経由都営三田線西高島平駅(一部東横線渋谷駅)方面へ直通運転が予定されています。

 

このようになると、途中停車駅がJR直通線では、渋谷、新宿など。東急直通線では、武蔵小杉駅や目黒駅を経由して、都営地下鉄や東京メトロで都心各地に便利に行くことができます。

 

新横浜に新駅も

 

東急直通線ですが、羽沢横浜国大駅から東急目黒線に合流する前に2つの新駅を建設する予定になっています。

 

その一つが新横浜駅 (仮称)です。

 

つまり、相鉄からダイレクトに新横浜で東海道新幹線に乗り換えることができるようになるわけです。このインパクトもなかなかスゴイです。

 

 

停車駅を考えると周辺の不動産は高騰?

 

相鉄の都心直通プロジェクトによって、渋谷や新宿だけでなく、かなり多くの駅に今よりも格段に便利に行けることができます。

 

新幹線へのアクセスも向上しますので、今よりも相当西谷駅周辺の不動産の価値が高騰する可能性があります。このエリアに不動産を所有している人は、開通による効果を待ち望んでいるのではないでしょうか。

 

JR直通が朝ラッシュ時間帯で1時間に4本程度、その他の時間帯で1時間に2,3本程度とやや本数が少ないですが、東急直通線は朝ラッシュ時間帯が1時間に10~14本程度、その他の時間帯で1時間に4~6本程度と本数も充実する計画です。

 

これだけの本数があれば、その利便性アップは十分に期待できますから、地価高騰などへの波及効果は期待できそうです。

 

 

直通運転の副作用も

 

直通運転は便利になって良いことばかりの印象を受けるかもしれませんが、便利さに反し副作用もあります。

 

その一つが列車の遅延や混雑。相互直通運転によって各々列車の遅延が影響しやすくなりますし、今まで以上に東急などは混雑をする可能性があります。

 

また、沿線住民は便利になって良いのですが、首都圏の路線網はますます複雑怪奇になっていきます。これは外国人にとってはますます理解が難しくなります。

 

国際都市の路線網はできるだけシンプルでわかりやすい方が良く、首都圏の国際都市力を考えるとマイナス面もあるでしょう。

 

さらに日本は高齢化社会に突入し、介護保険制度は将来破綻するのではないかとの懸念もあります。

 

できるだけ要介護者を増やさないためにも、日頃運動をすることが欠かせないのですが、政府もできるだけ近距離は歩くことを推奨しています。

 

一方、直通運転はこの方向性に反することであり、多額の税金も使うわけですから、さらに多くの負担を増やさないのかの懸念もあります。