相模鉄道(相鉄)の悲願でもある東京都心の直通運転。さらに直通運転は、相鉄横浜駅の規模に比べて、乗降客がとんでもなく多いという混雑緩和の意味もあります。

 

現在、複数箇所で大規模な工事が進められている「相鉄都心直通プロジェクト」。その各所の様子を見てきましたので、シリーズで紹介します。

 

まずはかなり建設が順調に進んでいる「羽沢横浜国大駅(仮称)」の工事の様子です。

 

スポンサーリンク

相鉄都心直通プロジェクト

 

相鉄の直通運転に関しては、都市生活ラボでも大崎短絡線や直通運転のデメリットについて話題にしました。

 

相鉄待望の相互直通運転と大崎短絡線の行方 直通運転のデメリットも

 

こちらの記事でも相鉄の直通運転について説明をしていますが、あらためて再度その計画について振り返ってみます。

 

相鉄と略して呼ばれる相模鉄道は、神奈川県中央部を基盤とする大手私鉄で東京都内までは乗り入れておらず、本線で横浜駅が終点になります。

 

東京都心に行くためには、横浜駅からJRや私鉄に乗り換えが必要で、不便で不満という人は多い。大和駅や海老名駅で小田急に乗り換えすると新宿まではそれなりに便利ですが。

 

関西エリアで慣れている人にとっては、相鉄の横浜駅での乗り換えは、それほど苦痛でもないかもしれません。しかし、直通運転に日頃慣れている首都圏では、この不便に耐えられない人が多いのでしょう。

 

そんな横浜駅での乗り換えが必要になくなるのが、「相鉄都心直通プロジェクト」。首都圏の大手私鉄の中では唯一東京都内に乗り入れていない相鉄の悲願ともいえるプロジェクトです。

 

相鉄の都心直通はJR直通と東急直通の2種類があります。

 

相鉄・JR直通線は、相鉄西谷駅とJR東海道貨物線横浜羽沢駅付近間に連絡線(約2.7km)を新設します。この連絡線を利用して相鉄線とJR線が相互直通運転を行います。

 

相鉄・東急直通線は、JR東海道貨物線横浜羽沢駅付近と東急東横線・目黒線日吉駅間に連絡線(約10.0km)を新設します。この連絡線を利用して相鉄線と東急線が相互直通運転を行うことになります。

 

双方の直通線の開通予定時期が異なり、JR直通線が2019年度の下期、東急直通線が2022年度の下期になります。

 

相鉄の都心直通プロジェクトは、当初の計画よりも遅れていますが、いよいよ来年には相鉄とJRの直通が実現しようとしています。

 

出典 相模鉄道

 

相鉄都心直通プロジェクトで最も劇的に変わるのが、「羽沢横浜国大駅(仮称)」でしょう。

 

現在は大都市横浜とは思えないようなのんびりした雰囲気が漂う場所ですが、新駅ができることで再開発が行われ周辺が一変する可能性があります。

 

 

スポンサーリンク

羽沢横浜国大駅の工事の様子

 

相鉄の都心直通プロジェクトで、新たに「羽沢横浜国大駅(仮称)」が建設されます。ここまでは東急直通もJR直通も同じルートになり、駅の北側で地上に出ると、JR直通線と東急直通線に分岐することになります。

 

つまり、この駅から東急方面にもJR方面にも行くことができて、現在はJR貨物駅があるだけなので、その変化はとてつもなく大きいです。

 

駅名で使われているように横浜国立大学が近くにありますが、現地に行くのに電車とバスで乗り継いで行くならばけっこう大変です。

 

 

JR貨物横浜羽沢駅の様子です。周辺は畑が多い場所で突如として貨物駅があらわれる感じです。貨物駅の直上には人や自転車が渡れる橋があり見晴らしも良好。

 

 

建設中の「羽沢横浜国大駅」の様子です。かなり外観が出来上がっています。

 

先程の駅舎から南西方向にある建築物です。何でしょうかね?

さらに南西方向に移動し引いて撮影しました。小さな道路の右側が貨物駅になります。

 

貨物駅の橋の上から南西側を撮影した様子です。マンションが所々に立地していますが、大都市横浜という雰囲気は全くありません。

相鉄の都心直通で駅が完成すると、この辺りは一気に便利になりますので、再開発が進められタワーマンションが建設され一気に様変わりするかもしれません。