東京メトロ有楽町線・豊洲~住吉間の建設計画、いわゆる「豊住線」建設計画ですが、2018年度中に東京都が事業枠組みの決定を目指しています。

 

東京都の「選ばれし6路線」として、東京都が特に建設を推進したいと意気込む路線の一つにもなっています。

 

 

都市生活ラボでも紹介した羽田空港アクセス線・蒲蒲線や都営大江戸線の延伸も、同じように「選ばれし6路線」となっています。

 

羽田新線 どのルートが一番効果が高いのか?

都営大江戸線延伸 鉄道空白地帯解消と交通コネクション

 

江東区が特に建設を切望する「豊住線」ですが、その実現も濃厚になりつつありますが、新駅の建設予定地など現地の様子を見てきました。

 

スポンサーリンク

東京メトロ「豊住線」建設計画

 

豊住線とは、東京メトロ有楽町線豊洲駅と半蔵門線住吉駅を結ぶ路線で、有楽町線(東京8号線)の支線として扱われているため、「東京8号線延伸」とも呼ばれます。

 

こんな感じのルートになります。

 

出典 江東区

 

計画建設路線は豊洲~住吉間約4.8kmで、営業キロは5.2kmです。途中3駅がつくられる予定で、東西線の乗換ができる東陽町の他に、豊洲と東陽町の間と、東陽町と住吉の間にそれぞれ新駅が一つずつが想定されています。

 

江東区は東西を結ぶ路線は充実していますが、南北は鉄道ではなくバスに頼る形になっていますから、江東区の南北交通問題の解消のためにも重要な路線でもありますし、交通ネットワークも充実します。

 

江東区南北交通問題 越中島貨物線旅客化でLRTは実現するか?

 

豊洲周辺の湾岸部は再開発が盛んですが、豊住線という新線が建設されることが決定すれば、さらに再開発が盛んになるかもしれません。

 

 

スポンサーリンク

豊住線の現地の様子を見てきた

 

将来建設が濃厚の豊住線の現地の様子を見てきました。まずは北端となる半蔵門線住吉駅です。

 

2003年に開業された半蔵門線住吉駅を考えるとかなり老朽化している出入り口ですが、これは都営新宿線の駅がすでに1978年に開業していてすでに利用されていたから。

 

パッと見は、一般的な普通の島式ホーム1面2線ですが、左側の乗り場は使われていません。半蔵門線大手町・渋谷方面の表示はありますが、反対がわの押上方面の案内はないですからね。

 

こんな感じに柵が設置されています。

 

線路も敷かれており、夜間には電車が留置されることになります。

 

それでは押上方面はどこにあるのかというと、このホームよりさらに下の階層にあります。降りてみます。

 

押上方面行のホームにも柵が設置された使われていない乗り場があります。

 

大手町方面と押上方面行の両ホームで使われていない乗り場がそれぞれありますが、豊住線開通の際には柵が設置された乗り場が利用される予定です。

 

こちらは住吉駅前にあったバス路線図。豊住線が通るルートを走るバスも走っていますが、東陽町駅と豊洲駅ともにダイレクトに結ぶ路線はありません。豊住線の開通により都営バスの路線網にも影響を与えそうです。

 

江東区という土地柄ですから多くの橋があります。こちらはその一つ小名木川を渡る橋。ちなみにこの向こう側にはLRT化計画のある越中島貨物線があります。

 

江東区南北交通問題 越中島貨物線旅客化でLRTは実現するか?

 

豊住線と同じ名称の豊住橋もありました。

 

駅名称は決まっていませんが、豊住線の駅が設置される千石地区の様子です。大通りの割には結構静か
で周辺にはそれほど目立った商業施設もありません。

 

周囲には小さい雑居ビルも多く、駅ができると再開発が行われて景観もガラッと変わるかもしれません。

 

こちらは四ツ目通り沿いにある江東区役所。最寄り駅は東西線の東陽町駅ですが微妙に遠い。四ツ目通りの下に出来る豊住線の東陽町駅からのアクセスの改善が期待されます。

 

こんな不満も減るでしょうか。

 

新駅が造られる予定の枝川地区の様子。近くにJR京葉線潮見駅や首都高出口があるためかそれなりに栄えています。

 

こんな感じのやや古めの倉庫もありますが、新駅ができると経済状況によっては再開発が進むかもしれません。

 

こちらは場面変わって豊洲駅の2番線ホーム。現在は豊洲駅止まりの降車専用ホームですが、豊住線が開業すると住吉方面のホームになる予定です。

 

2番線の先には既に線路が敷かれています。

 

豊洲駅3番線です。こちらも豊住線が使う予定のホーム。

 

豊洲駅3,4番線の電光掲示板。現在3番線を使う電車が少ないためなのか4番線と一括の電光掲示板に案内が出てくるようになっています。そのため3・4の文字のフォントが縦長なのが印象的。

 

3番線から見た住吉方面の様子です。駅を出てすぐにカーブがあります。

 

豊住線の開通を待ちわびる江東区の姿と、すでに準備がされている駅のホームや線路などがなんだかダブりますね。

 

豊住線がいつ開業するかはまだまだ未知数ですが、江東区では工期を6年と見積もっています。都市計画の手続きなどを考えると2030年頃には豊住線が誕生するかもしれませんね。