「世界で最も住みやすい都市ランキング2018」が発表され、その順位がかなり話題になっています。

 

このようなランキングで上位の常連のイメージがある、メルボルン、シドニー、バンクーバー、トロント、ウィーンに混じって大阪が3位にランクイン。日本の都市では東京が7位にもランクインしています。

 

東京はこのようなランキングの上位の常連ですが、大阪となるとそれほど上位に紹介されたという例は多くありません。

 

今回のランキングはCNNやBBCでもニュースになっており、世界で多くの人が目にしたわけですが、その評価ですが当の日本からの異論も目立ちます。

 

英紙エコノミストの下した評価ですが、その評価に関する反応や実際はどうなのかを探ってみました。

 

スポンサーリンク

「世界で最も住みやすい都市ランキング2018」の結果

 

CNNやBBCでもニュースになった「世界で最も住みやすい都市ランキング2018」ですが、英誌エコノミストの調査部門「エコノミスト・インテリジェンス・ユニット(EIU)」の行ったものです。

 

ランキングトップ10は以下のようになっています。

 

2018年版 世界で最も住みやすい都市ベスト10

1位 ウィーン(オーストリア)

2位 メルボルン(オーストラリア)

3位 大阪(日本)

4位 カルガリー(カナダ)

5位 シドニー(オーストラリア)

6位 バンクーバー(カナダ)

7位 東京(日本)

8位 トロント(カナダ)

9位 コペンハーゲン(デンマーク)

10位 アデレード(オーストラリア)

 

基本的には海外の都市は、比較的治安の良さそうな都市が並びますね。そのことの裏返しはワースト都市のランキングを見るとわかります。

 

2018年版 世界で最も住みにくい都市ワースト10

1位 ダマスカス(シリア)

2位 ダッカ(バングラデシュ)

3位 ラゴス(ナイジェリア)

4位 カラチ(パキスタン)

5位 ポートモレスビー(パプアニューギニア)

6位 ハラレ(ジンバブエ)

7位 トリポリ(リビア)

8位 ドゥアラ(カメルーン)

9位 アルジェ(アルジェリア)

10位 ダカール(セネガル)

 

テロが頻発しているシリアのダマスカスを筆頭として、治安の悪い都市がずらっと並んでいます。このランキングにかなり治安の良さが考慮されているのが想像できますね。

 

生活する上で「安全」というものは最も大事なことで、生活の安全が脅かされて生活がしやすいなんてことはありえないはずです。

 

ですから、住みやすい都市で治安が重視されるのは当たり前といえば当たり前ですね。

 

 

スポンサーリンク

大阪の治安は外国人にとっては悪くない

 

大阪が治安が悪いというイメージを、多くの日本人が持っているはずです。確かに犯罪率の数字上は日本でトップクラスの治安が悪い都市になります。

 

ただ、日本人にとって治安が悪くても、外国人にとってはそうでもなく、少なくともテロはほぼ皆無ですし、女性が真夜中に一人で歩けるほどの安全さがあります。

 

実際にこんな声もよく耳にします。

 

日本に多く訪れる韓国、中国、台湾、香港などは、場所にもよりますがそれほど治安は悪くありません。

 

そのような国の人が大阪の西成でも、治安はそれほど悪くないと思う人はけっこういます。世界的にみれば、大阪の治安は良い部類に入るでしょう。

 

 

ランキングは特に日本人にとっては意外な結果なのかも

 

今回のランキングで一番意外な結果だと思っているのは、日本人自身なのかもしれません。

 

 

大阪だけでなく東京の7位に関しても懐疑的な意見もチラホラあります。

 

ただ、外国人にとっては意外でもなく、案外納得している人は多いかもしれません。ここ近年は右肩上がりで増え続ける大阪へ訪れる訪日外国人旅行客ですが、そもそも居心地が良いから訪問先に選ばれるというのはあるでしょう。

 

買い物がしやすいとか、周辺に観光地が多いという理由もあるでしょうが、それらも住みやすい街の要素のひとつですからね。

 

 

近年評価が上がっている大阪

 

訪日外国人旅客数が増大しているのにも見られるように、最近の大阪に対して評価が上がっている印象を持ちます。

 

住みやすい都市も、今回のランキングだけでなく別のランキングでも上位に顔を出していますし。

 

2016年のニュースですが、Airebnbで宿泊数増加率で世界のトップになったこともあります。

 

 

今年は大地震が起こり、外国人旅行者の減少の心配がありましたが、減少はほとんどなく、再び増加傾向が見られます。

 

住みやすい街に治安が良い先進国ならトップ10にいくつもランクインしてもおかしくありません。実際、カナダとオーストラリアはそれぞれ3都市づつトップ10に入っています。

 

オーストラリアやカナダよりも相対的に治安が良い日本で、東京と大阪がランクインするのは全然不思議でもなく、むしろ当たり前で喜ばしいことです。

 

最近は治安の良さだけでなく、物価も下がってきているのも日本や大阪が評価されることにもなっているはずです。

 

今回CNN、BBCにも大きく紹介されたことで、今までアジア人に偏りがちだった大阪への訪日外国人旅行客がもっといろんな国へと広がりを見せると、より日本が観光立国へと近づいていくことになるでしょう。