大地震の警戒というと、日本では首都直下型地震や南海トラフ地震がよく取りあげられます。

 

しかし、日本は地震大国で全国いたるところで大地震発生の可能性があり、準備を怠らないようにしなければなりません。

 

今回、北海道沖の千島海溝沿いで、今後30年以内にマグニチュード8.8以上の超巨大地震が発生する確率が最大で40%になるという恐ろしいことが政府の地震調査研究推進本部から発表されました。

 

スポンサーリンク

北海道沖で超巨大地震が切迫している可能性

 

政府の地震調査研究推進本部が発表した見解によると、北海道沖で今後30年以内に東日本大震災クラスの超巨大地震の発生が切迫している可能性があります。

 

北海道沖で超巨大地震「切迫している可能性」 地震本部

ライブドアニュース

 

東日本大震災のマグニチュード9.0でしたが、その規模に匹敵するマグニチュード8.8以上の地震が北海道沖で発生する可能性が今後30年以内に7~40%。

 

超巨大地震の発生が最大で40%という高い数字が発表され、かなりの高い確率で超巨大地震が発生する可能性があり備えが必要です。

 

スポンサーリンク

大地震は周期的に起こる

 

地震は移動する地球の岩盤(プレート)同士がぶつかったり、もぐりこんだりして起こります。

 

こちらの動画は地震の起こる仕組みを分かりやすく説明をしています。震度やマグニチュードも混同している人も多く見るととてもタメになります。


それぞれのプレートはある程度一定の速さや方向に動いていると考えられており、プレートの境界付近ではパワーが徐々に蓄積されることになります。

 

そのパワーが解放されプレートが跳ね上がるなどして地震は起こることになり、プレートがある程度一定の速さで動いてる以上、地震も周期的に起こるのではないかと現在の科学では考えられています。

 

地震の正確な周期はわからない

 

地震は周期的に起こるとはいえ、何万年の前の地震を遡って過去の地震を人類は把握しているわけではありません。

 

過去の地震自体のデータが少ないため、地震の周期も正確にはわかっておらず、限られた過去の地震を比較しておそらくこれぐらいの周期で地震が起こるだろうというのが今の地震予測のレベルです。

 

北海道の地震はさらに記録が少ない

 

歴史上地震の記録が多ければ、地震の周期もそれだけ正確にわかってくるのでしょうが、とりわけ北海道は日本でも地震の記録が少ないエリアです。

 

北海道で起こった過去の大きな地震はこんな地震がありました。

北海道 過去の大地震を整理 大きな地震は海で起こる傾向

 

そのため、北海道の地震予測は難しいものがあるのでしょうが、沿岸の沼や湿原を掘削調査などから、過去の津波で運ばれた土砂を検証した結果、過去6500年間に18回の津波が襲ったと推定をしています。

 

地震の発生間隔は平均で340~380年ということなので、前回の地震からすでに400年が経過しているため地震の切迫性が高いと判断されています。

 

さらに地震の規模も沿岸の堆積物などを調査した結果、最大起こりうる地震の規模が少なくともマグニチュード8.8以上に達し、北海道沖で東日本大震災クラスの超巨大地震の発生を警戒してるわけです。

 

北海道に巨大地震が起こると、沿岸部の地震のために特に津波によって中央防災会議は2006年時点では最悪の場合約900人の死者がでると予測をしていました。

 

しかし、今回の最新の研究を踏まえた地震予測の改定によって、来年には内閣府が想定される被害を公表する予定になっています。

 

どれくらいの被害予測があるかはまだはっきりとはわかりませんが、超巨大地震の恐ろしさを実感するような数字になるかもしれません。

 

 

 

そんな恐ろしい巨大地震がいつ起こるかわからないような状況がきている可能性があり、日頃から防災を意識し備えをしっかりとする必要があります。