給料日や月末は銀行のATMに場所によっては長蛇の列ができてうんざりする人も多いでしょう。

 

現金を引き出すだけなら、ほんの数秒でできるものの、銀行などのATMでは振込を何件も行って時間がかかる人も多いですし、急いでいるときなどはちょっとイライラすることも。

 

ATMの行列に並ばずに、2018年4月からイオンのレジで現金引き出しができるようになります。

 

ATM以外で現金を引き出せることは「キャッシュアウト」と呼びますが、キャッシュアウトは今後日本で普及していくのでしょうか?

 

スポンサーリンク

銀行のATMの行列

 

銀行のATMの行列が時によっては酷い状況です。例えば給料日や月末などはよく行列になりますが、最近ではこの日もよく行列ができます。

 

年金の支給日です。

 

年金の支給日は、偶数月の15日に設定されている場合が一般的なので12月15日のツイッターではATMの大行列に驚きや不満の声が多くなります。

 

ATMに行列は経済的なデメリットも多く、できるだけ待たずにATMを使えるのが望ましい。

 

しかし、日本では電子マネーやクレジットカードの利用率が低いですし、ATMに行列ができやすい状況担っています。

 

ホリエモンも日本の現金崇拝に不満があり、キャッシュレス化が普及しないことに不満を持っているようです。

 

日本人の75%は電子マネーを使わない?どうして?

HORIEMON.COM

 

さらに最近では銀行の統廃合や合理化などが進められATMの台数自体も減少傾向があり、今後ますます年金を受け取る高齢者が増えるのでATMの行列も今以上に酷くなるかもしれません。

 

スポンサーリンク

イオンのレジで現金が引き出せるように

 

そんなATMの行列を待たずに現金を引き出すことができるようになります。

 

来年2018年4月からイオンの一部店舗の店頭レジで現金が引き出せるようになります。

 

イオンのレジで現金引き出し 来春、高齢者らの利用期待

日本経済新聞

 

イオンでは当初は100店程度で始め、18年度中には全店に拡大する計画。将来的には店舗のレジ全てで対応できるようにするようです。

 

高齢者などの利用を想定し、レジでの現金引き出しが普及すれば、ATMの行列も改善の兆しがみえるかもしれません。

 

ATM以外で現金の引き出しは規制緩和で実現

 

銀行窓口やATM以外で現金を引き出すことは日本は規制がありできませんでしたが、17年4月の金融庁の規制緩和によって可能になります。

 

銀行窓口やATM以外で現金を引き出せる仕組みは欧米などではすでに普及が進み「キャッシュアウト」と呼ばれます。

 

アメリカなどはATMで現金を引き出すことは治安上問題もあり、キャッシュアウトが広く普及する理由にもなっています。

 

そもそもアメリカはキャッシュレス社会であり、一般的にあまり高額な現金を持ち歩きません。

 

そのため、こまめにレジで現金が引き出せるキャッシュアウトの需要は大きいようです。

 

キャッシュアウトは日本で普及するか?

 

アメリカで普及が進む「キャッシュアウト」ですが、日本では普及が進むのでしょうか?

 

キャッシュレス化があまり進まない日本であれば、現金引き出しをする人も多いため、より普及が進むようにも思います。

 

ただ日本はATMで現金を引き出すことに対する治安上の心配はそれほどありませんから、アメリカのようにキャッシュアウトが進まないようにも思えます。

 

キャッシュアウトはキャッシュカードに付帯する「Jデビット」の機能を使い、イオンのレジでは今のところみずほ銀行がサービス提供を表明しています。

 

日本でのキャッシュアウト導入をして利用する想定者は、クレジットカードを使わない高齢者やATMが少ない場所を想定しています。

 

デビットカードの利用自体が少ない日本ですが、果たしてどこまでレジで現金を引き出す人が増えるかは微妙なところ。

 

イオンの店舗内にも銀行のATMもありますから、やっぱりATMを使うかもしれません。

 

Jデビット自体あまり普及が広がらず使う場所が限定されている現状でキャッシュアウトも今後イオンだけでなく、どれだけ広がるかという問題もあります。

 

イオンがある場所は車での来店が想定される場所もありますが、ATMが少ないようなあまりにも人口が少ない場所には出店していませんし、イオン以外にもATMはかなりあるでしょう。

 

ATMはコンビニにもありますし。

 

手数料の問題

 

キャッシュアウトの手数料を誰が負担するかという問題もあります。

 

利用者が負担するとなるとレジでの現金引き出しは便利ですが、やはり無料のATMの利用に流れそうです。

 

そもそも少ない年金から余計に手数料を取られることに高齢者は敬遠するかもしれません。

 

お店側が負担するとなると、そもそも売上に直結しない現金引き出しに、お店やレジの負担が増えることをやるかという問題もあるでしょう。

 

ATM以外で現金を引き出すことができるキャッシュアウトは便利ですが、日本で普及をするかどうかは少し壁がありそうです。