韓国ソウルの仁川空港の新しい第2ターミナルが来年2018年1月18日にオープンすることになりました。

 

当初はもっと早くオープンをする予定でしたが、延期が続きなんとか平昌冬季オリンピック開幕に間に合わせたという感じです。

 

仁川空港といえば日本の地方都市などから乗継ぎによって海外へ行くケースが多く、羽田空港の国際線拡大の際にはマスコミも大きく取りあげました。

 

最近は羽田の国際線も増えたため仁川空港がクローズアップされることが少なくなりました。

 

しかし、新しいターミナルが完成することで再びハブ空港争いで日本の空港を脅かす存在になり日本への大きな影響を与えるのでしょうか?

 

スポンサーリンク

仁川空港第2ターミナルに乗り入れるエアライン

 

2018年1月にオープンをする仁川空港第2ターミナルですが、韓国のナショナルフラッグの大韓航空、デルタ航空、エールフランス航空、KLMオランダ航空の4社が第1ターミナルから移転することになります。

 

ソウル・仁川国際空港、第2ターミナルを2018年1月18日開業。平昌オリンピック開幕控え

トラベルwatch

 

航空アライアンスでいうと「スカイチーム系」の航空会社が移転することになります。

 

ただし、同じスカイチームでも、中国南方航空、中国東方航空、ベトナム航空、チャイナ・エアラインなどは第1ターミナルに残ることになります。

 

ターミナルはLCC専用などの小さなターミナルではなく、年間処理能力が1,800万人ほどの本格的なターミナルです。

 

こちらが第2ターミナルの完成デザインです。

出典 トラベルwatch

 

緑も多くかなり贅沢な空間の使い方です。

 

第2ターミナルにはボーディングブリッジが37箇所が設置される予定です。

 

スポンサーリンク

第2ターミナルの場所

 

仁川空港第2ターミナルのできる場所ですが、現在の第1ターミナルの北側約2.4kmの場所になります。

 

このように第1ターミナルのサテライトターミナルのコンコースAの延長線上に位置します。

 

出典 Wikipedia

 

第1ターミナルとの相互の移動は空港シャトルトレインが運行される予定です。おそらく現在のシャトルトレインがコンコースAから延長されるのではないかと思われます。

 

さらに将来的には貨物ターミナルの南にLCC専用の第3ターミナルの建設の計画もあるようです。

 

第2ターミナルのアクセスと利便性

 

仁川空港の第2ターミナルですが、第1ターミナルでチェックインや出入国審査を受けるのでなく、第2ターミナルで独立して出入国審査や税関・検疫・チェックインが行われることになります。

 

これは複数ターミナルを持つ香港国際空港などとは異なるタイプで利便性はどうなのでしょう?

 

仁川空港第2ターミナルには第1ターミナルと同様に交通センターが設けられることになります。

 

ただし、第2ターミナルの交通センターは第1ターミナルと異なり地下に設けられるため、第1ターミナルと比べ移動距離が約60mほど短くなることになります。

 

ソウル空港鉄道 A’REXはもちろんのこと、韓国の高速鉄道KTXも乗り入れることになります。

 

KTXを利用すると平昌オリンピックのゲートウェイとなる平昌(珍富)まで約100分で結ぶ事になります。

 

またソウル市内へは空港鉄道で約40分ですからかなりのアクセスの良さが目立ちます。

 

さらに空港内の手続きも、セルフチェックイン機の大量導入やセキュリティチェックではアメリカの空港などで導入が進んでいる円形検査機でセキュリティ検査時間の短縮が見込まれています。

 

旅客が第1ターミナルと第2ターミナルで分散されるので、それだけ混雑度も緩和されるのではないかと思われます。

 

仁川空港では第2ターミナルでは交通センター出発から出国検査終了まで約30分と見込んでおり、現在の第1ターミナルと比べると約20分短縮され大幅に利便性が向上します。

 

ハブ空港争いで成田や日本への影響は?

 

仁川空港第2ターミナルの完成で一番影響を受けそうなのが成田空港ではないかと思われます。

 

成田はデルタなどの北米系航空会社がハブ空港として位置づけていましたが、すでにかなりのアジア行乗継便を廃止しています。

 

すでにデルタ航空は大韓航空との提携を強化していますが、デルタの成田便が仁川空港第2ターミナルの完成でさらに減る可能性もありそうです。

 

また日本の国内線ではスカイチームに所属する航空会社がないため、スカイチーム各社の乗継拠点としての位置づけがどんどん下がっていくかもしれません。

 

とはいっても日本は現在インバウンドで沸き、相当な旅行需要があります。

 

そのため、スカイチームを利用する旅行客にとっては、大韓航空でダイレクトに日本の多くの都市にアクセスが可能です。

 

インバウンド需要はますます日本全国に分散する傾向がでてきているので、スカイチーム利用者の利便性が上がるのは日本にとっては好影響です。

 

日本の高い観光ポテンシャルを十分に引き出すことができるのなら、さらに多くの旅行客が日本を目指すはずです。

 

そうなれば「日本パッシング」とはならず、逆に韓国を経由して多くの外国人が訪れ、仁川の第2ターミナルは日本にとって好影響をもたらすでしょう。

 

そのためには観光立国として韓国に負けない魅力を発信することが大切です。