ハワイは最近でも日本人にとって人気の海外渡航先です。

 

ANAやJALなどによるたくさんの便が運航されています。

 

さらに国内航空会社の国際線は東京に集中していますが、ハワイに関してはJALが関空や中部からも就航させるほど需要は高いです。

 

そんな人気のハワイですが、今年2017年12月よりシンガポールから関西空港を経由するホノルル行を就航させます。

 

すでにエアアジアXもホノルル行を就航させ搭乗率も高いようですが、利用者がさらに興味が湧くのがアメリカ本土へのLCCの就航です。

 

アメリカ西海岸へも格安航空会社で行ける日が間近に迫っているかもしれません。

 

スポンサーリンク

スクートが関空経由でホノルル就航へ

 

シンガポールの格安航空会社スクートは、2017年12月19日より本拠地であるシンガポールから関空を経由してホノルルへ新規に就航します。

 

スクート、12/19に関空=ホノルル線就航–加熱するハワイ線を低価格&787で

マイナビニュース

 

ホノルル線は週4便の予定でスケジュールは次のようになる予定です。

 

関空-シンガポール
TR701 関空 15:10発/シンガポール 21:10着(火・水・土・日)
TR700 シンガポール 10:45発/関空 17:30着(月・火・土)
TR700 シンガポール 09:55発/関空 16:55着(金)

関空-ホノルル
TR700 関空 19:25発/ホノルル 07:30着(月・火・土)
TR700 関空 18:50発/ホノルル 07:00着(金)
TR701 ホノルル 09:35発/関空 14:00+1着(月・火・金・土)

 

※10月11日現在のスケジュールで変更の可能性もあります。表示時刻は現地時間。

 

シンガポールから関空を経由してホノルルへ行くこともできますし、関空からシンガポール、関空からホノルルだけという購入もできます。

 

スケジュールは関空からホノルルが、夜7時ぐらいに出発して早朝ホノルル着ですから、なかなか良いです。

 

帰りはホノルル発が9:35分発と若干早いですが、関空着が14:00なので国内線への同日乗継も可能な時間帯は良い点です。

 

当該便が大幅に遅れなければですが(・.・;)

 

関空からシンガポールの便も夜の9時頃の到着ですから、MRT(電車)が走る時間帯なので悪くないです。

 

シンガポールから関空もシンガポールを朝の10時前後、関空到着が夕方5時前後ですからわりと良いです。

 

LCCは何かと深夜早朝発着が多いですから(^_^;)

 

なお、スクートでは関空の他にも成田や札幌などからホノルルへの就航も検討をしているようです。

 

スポンサーリンク

ホノルルへはすでにエアアジアXが就航

 

日本からホノルルへはスクートが初めてのLCCとしての就航ではなく、すでにエアアジアXが関空-ホノルル線に進出をしています。

 

エアアジアXの関空-ホノルル線のスケジュールです。

 

D7 001便 関西23:25発 ホノルル12:30着
D7 002便 ホノルル16:00発 関西20:25着(翌日)
(共に月・水・金・土 運航)

※2017年10月28日現在の時刻。

 

2017年10月30日からはこちらのスケジュールになります。

 

D7 001便 関西23:40発 ホノルル12:05着
D7 002便 ホノルル15:00発 関西20:45着(翌日)
(共に月・水・金・土 運航)

 

行きが関空を深夜発、帰りが関空に夜着と時間を効率的に使うのには最高な時間帯です。

 

何度も言いますがLCCなので遅延がなければですが(^_^;)

 

日本人の人気の就航地ハワイにLCCが就航することになり、ますますハワイが行きやすくなっています。

 

アメリカ西海岸へも格安航空で行ける日も近い?

 

ハワイまでLCCで行ける時代になったのですが、今後の期待はその先アメリカ本土までのLCC就航じゃないでしょうか。

 

アメリカ西海岸へのLCCが就航すれば、日本人がアメリカへ格安で行けるだけでなく、アメリカからも多くの旅行客が訪れるチャンスが増えます。

 

期待の大きいアメリカ西海岸へのLCC就航ですがこんなニュースが流れています。

 

スクート、アメリカ・カナダ西海岸都市から誘致働きかけ認める 就航時には北アジア経由

ライブドアニュース

 

記事によると、スクートの坪川成樹日本・韓国支社長が、アメリカやカナダの西海岸から就航の誘致を受けていることを明らかにしています。

 

アメリカやカナダの西海岸といえば、ロサンゼルス、サンフランシスコ、シアトル、バンクーバー辺りでしょうか。

 

使用する機材はハワイ線と同様にボーイング787。この機材でシンガポールから直接北米まで行くことはできないので、北東アジアなどを経由する必要があります。

 

もし就航となると日本はその有力な候補となるでしょうが、台湾、韓国、中国本土、香港なども候補に上がるはずです。

 

アメリカ西海岸にLCCが就航すれば格安でアメリカへ行けるようになります。

 

最近は成田空港からの北米便をデルタ空港などが撤退をしていて今後はさらに進む可能性が高いです。

 

そのため、北米便はなかなか格安運賃が出回らなくなっていますので期待は大きいです。