星野リゾートが新ホテルブランドを立ち上げることになりました。同社ではこれで4つ目のブランドとなります。

 

新しいホテルブランドは中堅の都市型観光(ビジネス)ホテル。

 

ビジネス利用もターゲットにしているでしょうが、観光での利用をかなり意識しているのが伝わってきます。

 

新ブランドのこだわりは「旅のテンションを上げるサービス」。

 

星野リゾートが購入した大阪新今宮駅前に建設を予定しているホテルもこの新ブランドになる予定です。

 

スポンサーリンク

星野リゾートの新ホテルブランドは「OMO」

 

星野リゾートは同社の4つ目となるホテルブランド「OMO(オモ)」を展開します。

 

星野リゾートといえば、「星のや」・「界」・「リゾナーレ」の3つのブランドがありますが、東京大手町の星のやを除けば観光地のリゾートや和風旅館のイメージ。

 

そんな星野リゾートが都市型ビジネス・観光ホテルに参入し、そのブランドが「OMO」です。

 

ブランドコンセプトは、

 

「寝るだけでは終わらせない、旅のテンションをあげる都市観光ホテル」

 

寝るだけのビジネスホテルでもなければ、高級ホテルのように高すぎるホテルでもない。

 

日本のビジネスホテルは、あっさりとしたサービスを特徴としたホテルが多いですが、OMOはフレンドリーなサービスを目指しているのが、こちらのコンセプトムービーでうかがえます。

 

 

スポンサーリンク

北海道旭川と東京大塚に2018年開業

 

新ブランド「OMO」は、北海道旭川と豊島区の大塚で2018年開業することになります。

 

星野リゾートでは、2つのホテルのオープンを皮切りに今後は全国展開をしていく戦略です。

 

旭川は「星野リゾートOMO7 旭川」

大塚は「星野リゾート OMO5大塚」

 

という名称になります。

 

気になるOMOの後につくナンバーですが、サービスの幅を示す番号になります。

 

基準をゼロとした上で、同社が定義したホテル内の施設の有無などを分かりやすく表現したもの。

 

その詳細は明らかになっていませんが、例えばレストランや大浴場があれば番号がそれぞれ1つ増えるような形態になるものと思われます。

 

そのため番号が大きいほど高スペックのホテルといえ、旭川グランドホテルをリブランドする「星野リゾートOMO7 旭川」は、もともと施設も充実しているので付加価値が高いのでしょう。

 

それぞれのホテルの客室イメージです。こちらは旭川

th_002_20171005213336984.jpg

出典 星野リゾート OMO

 

こちらは大塚のホテルのイメージ。

th_001_2017100521324344b.jpg

出典 星野リゾート OMO

 

今までのホテルとは全く異なるような客室の雰囲気です。お洒落な家にいるような感じで、どちらかというとデザイン性の高いホステルやゲストハウスという感じです。

 

大塚のホテルのロビーのイメージはこんな感じ。

出典 星野リゾート OMO

 

このイメージを見てもどこかアットホームなゲストハウスのような印象を持ちますね。

 

OMOは從來のビジネスホテルや宿泊特化型ホテルの快適性にゲストハウスのフレンドリーな雰囲気を合わせ持つようなホテルを目指しているようにもみえます。

 

旭川のホテルは来年4月、大塚のホテルは新築で来年の5月にそれぞれオープンをする予定です。

 

新今宮のホテルもOMOブランド

 

新今宮駅前の長い間塩漬けになっていた土地を星野リゾートが購入した時には、日本中に驚きが広がりました。

 

話題になった新今宮駅前に星野リゾートが建設するホテルも「OMO」ブランドになる予定です。

 

以前紹介された新今宮に建設されるホテルのイメージ。かなり規模は大きそうです。

出典 建設ニュース

 

大塚のホテルは本当に都市型のホテルで敷地も狭そうですが、新今宮のホテル建設予定地は敷地もたっぷりあります。

 

何せ土地代が安かったですから(・.・;)

 

新今宮のホテルは、施設も充実していて旭川のように「OMO7」。もしかしてそれ以上になるのではないかと思われます。

 

新今宮は治安の悪さで有名ですが、外国人からするとと自国の治安はもっと悪いという場合もあります。

 

ですから、関空からも乗換なしで行けて、しかも宿泊費が安い新今宮界隈は、ゲストハウスを中心に外国人に人気があります。

 

大塚もそれほど東京では治安の良い場所とはいえず、利便性は高いけどあまり日本人に人気のない場所に星野リゾートが出店することも考えられますね。

 

星野リゾートが訪日外国人旅行者をかなり意識しているのは間違いないでしょうし、OMOの出店地選びでもその合理的な選択が見て取れます。

 

OMOの登場は、ホテル選びに新しい選択を与えてくれ、ますますどこに泊まろうかが迷いそうです。