京橋駅北口現状の写真

 

前回はJR環状線・京阪電鉄京橋駅周辺が都市再生緊急整備地域に拡大指定されたニュースをお伝えしました。

大阪京橋駅周辺が都市再生緊急整備地域に拡大指定 再開発で超高層ビルが誕生か

 

都市再生緊急整備地域に拡大指定されたことで、駅周辺の再開発がにわかに実現されようとしていますが、エリアの玄関となるJR京橋駅も大規模リニューアルすることが発表されました。

 

京橋駅はJR環状線、東西線、学研都市線・京阪本線・地下鉄長堀鶴見緑地線という複数の駅があるターミナル駅です。

 

ただ、梅田や難波と異なり、そこで人が集まり賑わうというより、どちらかといえば通過駅というイメージも多いです。

 

そのため、多くの人が利用するにもかかわらず、特にJR環状線京橋駅は老朽化が激しく、とてもターミナル駅とは思えない雰囲気が漂っていました。

 

今回、JR西日本が京橋駅の大規模リニューアル工事を発表し、劇的にエリアの玄関となるJR京橋駅が変わろうとしてます。

 

京橋駅のリニューアルと駅周辺の再開発で京橋は、大阪のキタとミナミに続く街に成長していくのでしょうか?

 

スポンサーリンク

JR京橋駅リニューアル工事の内容

 

 

JR西日本の京橋駅は、JR環状線の中でも3番目に利用者数多く、東西線と学研都市線も乗り入れる大阪の主要駅のひとつです。

 

さらに2018年末にはおおさか東線が新大阪まで延伸されると、京橋から新大阪へも行きやすくなり、京橋駅や大阪市の東側の利便性も高まることになります。

 

そんな重要な駅のひとつの京橋駅ですが、駅自体はとてもそんな重要駅の雰囲気とはかけ離れ、老朽化が目立つ駅でした。

 

そんなJR京橋駅ですが、ようやくJR西日本が駅の大規模リニューアルに着手しようとしています。

 

リニューアル工事の目玉は京阪との乗換えなどで多くの人が行き交う北口のリニューアルです。

 

北口リニューアル

 

現在の北口は、飲み屋街が広がる東側はもちろんのこと、京阪との乗換客が行き交う西側もあまりきれいとはいい難いです。

 

時折、路上ライブをしている姿を見かけることもあり、自由な雰囲気はあるのですが(^_^;)

 

京阪京橋駅が比較的きれいに整備されていますので、比較するとJR駅の整備が進んでいないことが余計に目立ちます。

 

こちらが現在のJR京橋駅の北口です。

京橋駅北口現状の写真

出典 西日本旅客鉄道株式会社

 

一方こちらが対面の京阪京橋駅の中央改札。

 

本来なら私鉄に対抗してJRも駅をきれいに整備しても良さそうなものなのですが、長年京橋駅は放置された状況でした。

 

それがリニューアル工事で、外観はこのように変わる予定です。

th_001_20170810222937558.jpg

出典 西日本旅客鉄道株式会社

 

京阪の線路の高架下になるので、どうしても駅のイメージを良くするのも限界がありますが、スッキリとしてかなり都会的な駅に変わろうとしています。

 

LED照明を設置したり、床・天井・壁を美装化することで明るくきれいな空間になりそうです。

 

美装化は、北口だけでなく南口、西口でも行われ、環状線のホームも多くの環状線駅が行っているような改良工事に着手するようです。

 

利便性向上の改良工事

 

JR京橋駅のリニューアル工事は美装化だけでなく、利便性を向上させる改良工事も行われます。

 

利便性を向上させる改良工事の具体的なものは次の4つです。

  • トイレリニューアル
  • エレベーター増設
  • エスカレーター増設
  • 案内サイン改良(駅全体)

 

th_002_20170810222936b57.jpg

出典 西日本旅客鉄道株式会社

 

トイレリニューアルは、北口・南口・西口にあるそれぞれのトイレをリニューアルし、北口のトイレに関しては多目的トイレを設置することになります。

 

エレベーター増設は3基のエレベータを増設し、環状線と東西線・学研都市線の乗換で1回のエレベーター使用だけになります。

 

今まではエレベーターを使った乗換は1回だけで終わらず、大変不便だったわけです(・.・;)

 

北口に2基、南口に1基のエスカレーターを増設することで、乗り換え時などにスムーズな移動ができそうです。

 

さらに京橋駅の案内板は、日本の駅でよくありがちですが、知っている人は分かるが、初めて利用する人にはわかりにくいというものでした。

 

駅全体の案内板を改良することで、初めて京橋駅を利用する人でもわかりやすくなり、乗継などがスムーズになりそうです。

 

どのように案内板が変わるかは、ユニバーサルデザインの観点からも、外国人を含めて多数の人々が分かりやすいものになって欲しいです。

ユニバーサルデザインとはどんなもの? 7原則や商品例を紹介

 

スポンサーリンク

キタとミナミ、そして「ヒガシ」と呼ばれる時は来るのか?

 

大阪の人を集客する繁華街はキタとミナミが圧倒的です。この事自体は街がコンパクトにまとまっているともいえ、ひとつの長所なのかもしれません。

 

ただ、最近はできるだけ訪日外国人旅行者などのゲストを、できるだけ長く滞在してもらう必要性が叫ばれています。

 

また、今後も訪日外国人旅行者の訪問を持続的に増やすためには、リピーターとして再び訪問をしてもらることが大切です。

 

そうすると、コンパクトな街は逆に短所にもなりかねず、できればキタとミナミ以外の新たな人で賑わうエリアをつくる必要性があります。

 

京橋は大阪を代表する観光地である大阪城のゲートウェイともなり、さらにOBPという魅力的なエリアもあります。

 

西側は猥雑な飲み屋街が広がり、これも一種の観光資源と考えれば、駅の東側の再開発によってはそのポテンシャルは高いでしょう。

 

京橋周辺が「ヒガシ」と呼ばれ、キタとミナミに続く街になれるかは、JR西日本や京阪電鉄そして大阪市などがどれだけ真剣に京橋を改革させる気持ちがあるかに関わっているのかもしれません。