札幌ドームを本拠地とする北海道日本ハムファイターズは、近年は毎年優勝争いに絡む人気と実力を兼ね備えるチームです。

 

今季は下位に低迷していますが(^_^;)

 

育成もしっかりとしているイメージで、ダルビッシュがメジャーに移籍したり、FA移籍で他球団に行く選手もおおいのに、素晴らしい選手がどんどん出てきているというイメージもあります。

 

北海道の地元球団としても、地域にしっかりと根づいてきており、球団として良い流れができている印象があります。

 

ただ、球団経営は本拠地の札幌ドームの高い使用料などによって赤字が出ている状況。

 

札幌ドームはサッカーやイベントなどでも利用されるため、球団としても使い勝手が悪い札幌ドームよりも自前で球場をつくったほうが良いという判断に動いているようです。

 

スポンサーリンク

「スタジアム」ではなく「ボールパーク」

 

北海道日本ハムファイターズと親会社の日本ハムには、現在の札幌ドームから本拠地を移す計画があります。

 

ただ本拠地を移すだけでなく、本場メジャリーグの本拠地にも匹敵するような壮大な「ボールパーク構想」を持っています。

 

目指すはアジアナンバーワンのボールパーク。

 

「ボールパーク」は英語ですが、日本では野球場は「スタジアム」とずっと呼んでいました。

 

しかし、アメリカのメジャーリーグのファンたちは「スタジアム」とは呼ばないで、「ボールパーク」と呼んできました。

 

「ボールパーク」の厳密な定義はないのですが、球場に訪れる人が思う存分に野球の楽しさを満喫することができる場という意味がこめられています。

 

そこには単に野球のグランドがあって、観客席があるだけでなく、観客が野球を楽しむためのいろいろな仕掛けがあることが大事です。

 

日本でもこのようなボールパークをつくる兆しはすでにあり、例えば広島カープのマツダスタジアムもボールパークを目指してつくられ、さまざまな野球を楽しむための仕掛けが施されています。

 

スポンサーリンク

日本ハムが目指す「ボールパーク構想」

 

日本ハムが目指す「ボールパーク構想」は、今までにない斬新なアイデアが盛り込まれており、多くのファンに期待を持たせるような内容になっています。

 

日本ハム/ファイターズ新球場のイメージ公表/スタジアム核に複合施設整備

日刊建設工業新聞

 

北海道日本ハムファイターズが公表した新球場の完成イメージです。このイメージだけでも何だかワクワクしてきます。

出典 北海道日本ハムファイターズ

 

特長としては、まずはスタジアムの屋根が開閉式になっている点。北海道の気候を考えると、どうしても必要なものです。

 

球場以外に商業施設や宿泊施設、キャンプ場などを導入することを想定。敷地全体は、20ha程度が想定されており、単なる野球場というよりも、ちょっとしたテーマパークのような感じです。

 

新球場は札幌か北広島が有力

 

北海道日本ハムファイターズの新球場は、札幌市内か隣接する北広島市につくるのが有力とされています。

 

北海道日本ハムファイターズが現在札幌を本拠地としたチームであることや、観客動員のことを考えると札幌市に新球場をつくることが望ましいでしょう。

 

札幌は、北海道では他の追随を許さないような圧倒的な大都市ですし、多くのファンの利便性を考えると札幌でしょうが、札幌のアクセスの良い場所には新球場をつくれる程の広大な土地はちょっと難しい面があります。

 

一方北広島市の場合は、「きたひろしま総合運動公園」が候補地の一つとなっているようです。

 

JR北広島駅からそれほど遠くはありませんが、歩くとなると微妙な距離です。

 

ただ、この場所ならちょうど自転車道が走っている場所からも近く、自転車なら北広島から10分もかからないぐらいです。

 

札幌から北広島までの自転車道を実際に走ってみた 整備が良くて気持ち良いサイクリングに

 

札幌からは自転車でサイクリングロードを使っても1時間程度はかかりますが、自転車でこれなくはありません(^_^;) 慣れている人なら楽勝の距離ですけど。

 

ただ、北広島の場合は、そもそも札幌と比べると人口6万人と格段に異なります。札幌から北広島までの距離は直線距離でも20km以上あります。

 

首都圏や関西圏では20km程度の距離は、少し遠いですがなんとか許容範囲内ですが、北海道の人はとてつもなく遠いという印象を持つかもしれません。

 

札幌ドームはどうなる?

 

札幌ドームは、コンサドーレ札幌の本拠地でもあり、サッカーの他にもイベントでも使用されます。

 

ただ、最も集客力があり、使用料など多く負担しているのは、北海道日本ハムファイターズです。そのファイターズが移転するとなると、札幌ドームの経営もかなり厳しくなります。

 

水面下では札幌ドームに残留する交渉も行われているでしょうが、その可能性は低そうな状況です。

 

日本ハム、新球場建設が有力!18年3月までに方向性

サンスポ.COM

 

北海道日本ハムファイターズの球場問題は、いろんな綱引きが今後繰り広げられそうです。新球場はかなりの投資になりますが、ファンとすればボールパークは魅力的です。