ユニバーサルデザインイメージ

都市のバリアが問題となり、バリアフリー化を推進する機運が高まっています。

 

バリアフリーと似たような考え方で、「ユニバーサルデザイン」があります。

 

バリアフリーは、「バリア」つまりある人にとって障害となっているものを取り除いたり、改良したりするものでわりとイメージがわきやすいですよね?

 

でも「ユニバーサルデザインって何それ?」

 

という人は少なくないのではないでしょうか? そもそもユニバーサルuniversalという単語の意味もはっきりしないですしね。

 

ユニバーサルデザインは日本のような高齢化社会や外国人がどんどん訪れるような国では、がぜん注目されるべきものです。

 

ユニバーサルデザインはなんぞやという疑問をスッキリしてみましょう。

 

 

スポンサーリンク

ユニバーサルデザインとは?

 

「ユニバーサルデザイン」という言葉ですが内閣府の調査では、35%ほどの人が言葉も意味も知らないという結果が出ています。

 

バリアフリー・ユニバーサルデザインの推進普及方策に関する調査研究 報告書|内閣府
http://www8.cao.go.jp/souki/barrier-free/tyosa_kenkyu/17-design/index.html

 

この数字はバリアフリーについて言葉も意味も知らないという人がたった4.5%であるのと比較すると、その違いの大きさがはっきりします。

 

ではユニバーサルデザインとは何かというと、簡単にいうと「誰にとっても優しいデザイン」ということです。

 

もっと詳しく定義すると、過去の国連総会で採択された「障害者の権利に関する条約」では以下のように定められています。

 

「ユニバーサルデザイン」とは、調整又は特別な設計を必要とすることなく、最大限可能な範囲ですべての人が使用することのできる製品、環境、計画及びサービスの設計をいう。(【障害者の権利に関する条約第2条(定義)】より)

出典 http://www.mofa.go.jp/mofaj/files/000018093.pdf

 

ちょっと難しいかもしれませんが、ユニバーサルデザインの考え方を理解することで、よりわかりやすくなります。

 

 

スポンサーリンク

ユニバーサルデザインの考え方とは?

 

ユニバーサルデザインの考え方を初めて提唱したのは、1980年代アメリカの大学教授であったロナルド・メイス氏です。

 

今から30年位前に提唱されていて、意外にも古い歴史がありますね。

 

ユニバーサルデザインの「ユニバーサル」とは、「人類に共通の」という意味です。

 

英語のスペルは「universal」。「uni」という接頭語は、「単一の」という意味で、universe(宇宙)、 unicycle (一輪車)、uniform(制服)などが代表例です。

 

それぞれ宇宙はひとつだし、一輪車は車輪がひとつ、制服は同じひとつの服ですよね。

 

ユニバーサルも単一のという接頭語のつく言葉と理解すると分かりやすいです。

 

私たちの社会にはいろんな人がいます。日本はアメリカのように単一民族の国家だからといっても、さまざまな年齢の人もいるし、体格もそれぞれ異なります。

性別も違えば、利き腕も違う、力が強い人や弱い人、障害の有無やさまざまな国籍の人が暮らしています。

 

このような多種多様な人が、安心して快適に暮らせるような社会を目指すのが、ユニバーサルデザインの考え方です。

 

ユニバーサルデザインの考え方を反映させるためには、まちづくりや建物、製品などを作る前にユニバーサルデザインの考え方をしっかり考慮する必要があります。

 

 

ユニバーサルデザインの7原則

 

ユニバーサルデザインの考え方を反映するといっても、ちょっと抽象的で人によって大きく異なりそうですよね?

 

そこで知ってほしいものが「ユニバーサルデザインの7原則」です。

 

ユニバーサルデザインの主宰者たちによって2005年に編集された「ユニバーサルデザインの7原則」は、ユニバーサルデザインを理解するための視点として重要なものです。

 

1.公平な利用

 

誰もが同じように公平に使えて、簡単に手に入れることができることです。

 

2.利用における柔軟性

 

使う上で自由度が高いこと。右利きの人でも左利きの人でも好みや能力の違っても使えるように作られていること。

 

3.単純で直感的な利用

 

使い方が簡単でわかりやすく作られていること。

 

4.認知できる情報

 

大切な情報は大文字にしたりするなどでして、必要な情報が誰にもすぐにわかりやすいこと。

 

5.失敗に対する寛大さ

 

うっかりミスをしても危険や事故につながらないように作られていること。

 

6.少ない身体的な努力
楽な姿勢で使え、長く使っても疲れないように考えられていること。

 

7.接近や利用のためのサイズと空間

 

どんな姿勢や体格の人でも、利用しやすいスペースと大きさがあること。

 

ただし、必ずこの7原則を守る必要があるわけではなく、ユニバーサルデザインかどうかを評価するものではないということには留意をしなければなりません。

 

ユニバーサルデザインかどうかを評価するのは、あくまでも利用者です。利用者にとって使いにくいものであれば改良の必要があるのです。