本日10月13日は建築家・辰野金吾の誕生日です。

 

辰野金吾といえば数々の名建築を生んできたのですが、代表作品としては東京駅丸の内駅舎が有名です。

 

ちなみにこんな感じで丸の内駅前広場も様変わりしようとしています。

 

丸の内駅前広場の一部が共用開始 日本の駅前広場の特徴とは?

 

誕生日ということで、辰野金吾の代表作品をまとめてみました。都市生活ラボもぜひ訪れたいものばかりです。

 

スポンサーリンク

辰野金吾とは

 

辰野金吾は明治から大正にかけて活躍した日本を代表する建築家です。

 

 

代表作品として最も有名なのが東京駅の丸の内駅舎。

 

丸の内の赤煉瓦建築は、「辰野式」と呼ばられる典型的な辰野金吾の建築様式で、赤煉瓦と白い花崗岩を組み合わせたものです。

 

建築家として数々の名作を世に送り出してきただけでなく、国大学工科大学学長、建築学会会長などを歴任し後進の育成にも功績を残し、多くの建築家がその影響を受けています。

 

スポンサーリンク

辰野金吾の代表作品(重要文化財指定)

 

日本銀行本店

 

日本銀行本店は残念ながら現在は免震化工事中です。平成31年に工事が完了予定なので、立派な建築物を見るには工事完了後が良いでしょうか。

 

日本銀行本店のお隣にはこちらの近代建築がそびえ立ちます。辰野建築ではありませんが。

重要文化財「三井本館」 GHQ接収からドラマ半沢直樹の舞台まで

 

日本銀行京都支店(現・京都文化博物館別館)

 

現在は日本銀行の支店ではなく、京都文化博物館の別館として利用されています。辰野金吾の作品らしさがありますね。

 

日本生命九州支店(現・福岡市文学館)

 

日本生命の九州支店ではなく、現在は福岡市文学館として利用されています。こちらも辰野建築らしい建物ですね。

 

ちなみに日本生命といえば東京浜松町駅前の新しいビルも注目です。

 

浜松町駅西口再開発「ニッセイ浜松町クレアタワー」の様子 日本生命の隠れた意外な一面

 

岩手銀行本店本館(現・岩手銀行赤レンガ館)

 

2012年まで銀行として利用されていましたが、2016年に多目的ホールなどとしてオープンをしました。

 

松本健次郎邸(現・西日本工業倶楽部会館)

 

東京駅などの辰野様式とは少し趣が異なる洋館です。現在は富裕層の情報交換や社交の場となっています。

 

こちらの近代建築も同じように富裕層の社交場や情報交換の場となっています。辰野建築ではありませんが。

 

綿業会館は近代建築の会員制クラブの場 富裕層会員向けサービスの敷居の高さを実感

 

武雄温泉新館・楼門

 

辰野建築を見るだけでなく温泉も楽しめてぜひとも訪れたい場所ですね。和洋折衷の建物がとても素敵ですね。

 

大阪市中央公会堂


大阪市中央公会堂といえば、すぐ近くに安藤忠雄が寄付する子ども図書館ができます。

 

北浜ミッドタワー周辺 安藤忠雄寄付のこども図書館建設でファミリー層にも魅力的な立地に

 

また三休橋筋の起点にもなる大阪を代表する近代建築です。

クレヴィアタワー大阪本町 三休橋筋の電柱地中化とレトロビルが周辺に立ち並ぶ立地

 

登録有形文化財

 

登録有形文化財と重要文化財の違いはこちらを参照してください。

 

用語 重要文化財とは?

用語 登録有形文化財とは?

 

浜寺公園駅

 

南海電鉄浜寺公園駅は、駅の高架化によって移築されることになります。貴重な建築物が保存されることで一安心。

 

こちらの駅舎の保存はどうなるのでしょうか?

 

原宿駅改良工事の様子と都内最古の木造駅舎の行方

 

二十三銀行本店(現・大分銀行赤レンガ館)

 

辰野金吾で銀行建築はこのような感じに落ち着きますね。現在も大分銀行の店舗として利用されています。

 

日本生命京都支店(現・日本生命京都三条ビル)

 

京都は神社仏閣だけでなく近代建築もたくさんあるので、建物探訪するのに飽きないですね。

 

南天苑本館

 

南天苑本館は、大阪河内長野市の天見温泉の旅館ですが、元からこの場所に建築されたわけではなく、堺市の大浜公園に建てられました。

 

ネットの資金調達によって貴重な文化財が守られたという好例です。辰野金吾の作品としては珍しく純和風ですね。

 

その他の作品

 

辰野金吾の作品は、重要文化財や登録有形文化財ではないもののその他にも下のように数多くの名建築があります。

 

日本銀行本店、奈良ホテル、朝鮮銀行(韓国ソウル)、日本銀行小樽支店、大阪教育生命保険、安田製釘所、百三十銀行八幡支店

 

いづれも名建築ばかりで遠方から見学に行く価値があるものばかりですね。辰野金吾の名は建築物の保存とともに将来に語り継がれていきます。