新幹線の指定席をあらかじめとっておいたけど、その時間や日付に乗れない事態が発生。

 

こんな時、購入した指定席切符はどうすればよいのか?

 

指定席切符には日付と列車名、座席番号などが記載されており、必ずその該当する列車に乗ることが必要な感じがしますよね。

 

こんな時は、一旦購入した指定席切符は払い戻し、もし他の時間の列車の指定席切符を購入する必要があるのでしょうか?それとも変更ができるのでしょうか?

 

当日の方法や手数料について分かりやすく解説をします。

 

スポンサーリンク

出発時刻前の変更はできる

 

新幹線の指定席切符ですが、出発時間前であれば変更をすることができます。出発前であれば当日の時間の変更だけでなく日付の変更をすることもできます。

 

ここでちょっと勘違いしがちなのが、出発時間前に変更をする必要があるだけで、出発時間よりも前の列車だけが対象となるわけではありません。

 

出発時間が12:00の列車であれば、12:00までに変更をすればその日の夜21:00の列車にだって変更をすることができます。

 

当日だけでなく1週間後の別の列車にも変更をすることができます。

 

スポンサーリンク

区間の変更はできる?

 

知らない人が多いのが区間の変更についてです。

 

飛行機の割引運賃などは区間の変更ができないものがありますので、そのルールと同様に感じてしまうのです。

 

新幹線の指定席チケットは区間の変更も可能です。さらにJR会社が違う新幹線の変更も可能です。

 

例えば、東海道新幹線の東京~大阪の指定席をチケットを北陸新幹線の東京~金沢に変更をすることもできます。

 

この場合は東海道新幹線はJR東海の営業で、北陸新幹線はJR東日本とJR西日本の営業になりますが、別に会社が変わってもかまいません。

 

金額が異なっていても変更ができ、変更前よりも金額が多ければ追加料金が必要ですし、逆に変更前より金額が小さければその分は返金されることになります。

 

出発前の列車の自由席の乗車なら大丈夫?

 

予想より用事が早く終わり、早い時間の新幹線で帰りたいなって思う時がありますよね?

 

そんな時は、「自由席なら良いんでしょう?特急券はあるわけだし」と思って自由席に乗れると考えがちです。

東京駅のように始発駅なら自由席でも座れる場合が多いのでなおさらですよね。

 

最初から自由席を購入するならこちらを参考。

新幹線の自由席はデメリットばかりでなくメリットも 当日の買い方と乗り方

 

しかしこれは実際はできません。

 

なぜなら購入した切符は指定席特急券の切符で、自由席に乗車するには自由席特急券が必要だからです。

 

車掌さんによっては、切符の検札時に大目に見てくれる場合もあるようですが、ルール上はNGなのでさらに料金を求められても文句は言えないので気をつけましょう。

 

また、指定席特急券から自由席特急券への変更も原則はできず、変更したい時間帯の指定席列車に空席がない場合に限り、その列車の自由席に変更すること特例で可能なだけです。

 

場所はどこでできる?

 

新幹線の指定席切符ですが、出発前なら自由席特急券への変更は基本できませんが、時間や日付の変更はもちろん、区間の変更ができることはわかりました。

 

それでは変更はどこですればよいのでしょうか?

 

まず時間の変更の場合は、急ぎの場合もあるでしょうし、電話でしたいという場合もあるでしょうが、電話ではできないので注意しましょう。

 

電話で変更ができると思っていて、出発時間前に変更することができないなんてこともありえますからね。

 

新幹線の指定席切符の変更は基本的にはみどりの窓口や駅の窓口ですることができます。

 

みどりの窓口は東京駅の新幹線の乗り換え口のように混雑する場所もあるので、その場合は駅の窓口早くて便利です。

 

ただし切符の種類によっては購入した場所で変更する必要がある場合もあるので、注意が必要です。

 

手数料は必要?

 

新幹線指定席チケットの変更は1回目なら無料でできます。2回目以降は変更ができず、払い戻しをした後に再度購入するという形になり、若干の手数料が必要になります。

 

出発時刻が過ぎた場合は?

 

新幹線の指定席切符を持っていて、その乗るべき列車に乗り遅れた場合はどうなるのでしょうか?

 

変更は出発前に限りできるということで、購入した切符は無効になってしまうのでしょうか?

 

こんな場合は、特例で指定席切符で、その日の後に来る列車の自由席に乗車することはできます。

 

本来は無効になってもおかしくないのですが、温情として認められているというわけですね。

 

割引切符は変更ができないものもあるので注意

 

新幹線の指定席切符は出発前なら変更をすることができますが、割引きっぷの中にはそもそも変更ができないタイプのものもあります。

 

安く購入したから変更の条件が厳しくなっても仕方ないよね、という感じですね。

 

一切変更ができないのは、「ぷらっとこだまの普通車指定席プラン」。乗り遅れた場合には後の列車の自由席も利用することができないので時間厳守ですね。

 

その他にも「トクだ値」は切符の受け取り前は変更ができるものの、受け取り後は一切変更ができないなどの条件がありますので、割引切符を購入した場合には条件をよく確認をしておきましょう。