大阪ビジネスパーク(OBP)のパナソニックのビルといえば、TWIN21MIDタワーが有名です。

 

日本初のツインタワーのお隣に、かつての松下電工がショールームを設けた「ナショナルビル」という名称のビルがありました。

 

「ナショナル」という名前も懐かしく思う方々もいるでしょうが、現在松下電工をはじめ、松下グループはパナソニックとして社名やブランドが統一されました。

 

このような流れで、松下電工は「パナソニック電工」になり、その後パナソニックに統合することになります。

 

ナショナルビルは、「パナソニック大阪京橋ビル」に名を変え、すでに取り壊されて新しいビル「(仮称)新MID大阪京橋ビル」が建設されています。

 

スポンサーリンク

「(仮称)新MID大阪京橋ビル」の概要

 

新しいビルの名称として使われる「MID」は、このビルの建築主となるのが「旧MID都市開発」だからです。

 

「MID都市開発」は、松下興産を前身とするデベロッパーでしたが、関西電力に傘下に入り社名を「関電不動産開発」に変えています。

 

ビルの完成後は、関電グループの通信会社「ケイ・オプティコム」が本社を移す予定になっています。

 

「ケイ・オプティコム」の本社は、現在中之島ダイビルという近年建設されたインテリジェントビルに入居しています。

 

ただ、顧客サービス拠点などが数カ所に分散されているため、新しいビルに本社機能と分散されている拠点を集約することで、経営効率化を図ります。

 

スポンサーリンク

現在の建設状況

 

「(仮称)新MID大阪京橋ビル」の6月上旬時点の建設状況です。

 

北側から撮影。ほぼ外観は完成に近づいていますね。

 

ちなみにこちらは、OBPから川を渡った対岸になります。

 

この辺りも都市再生緊急整備地域として範囲を広げて指定される見込みなのですが、今後は再開発が進むのでしょうか?

都市再生緊急整備地域の範囲を見直しへ 新規指定や指定解除は?

 

南から撮影。

 

建築計画です。高さが約116m、延床面積が約50,000平方メートルのビルになります。

敷地面積が約30,000平方メートルありますので、もう少し大きなビルでも建築ができる状況でしたが、この規模になっています。

 

施工は竹中工務店です。こちらにあったパナソニックのショウルームは梅田のグランフロントへ移転しています。

 

近年は梅田などへ企業の移転が進み、相対的にOBPの地位が地盤沈下を起こしているような状況でした。

 

しかし、新MID大阪京橋ビル以外にも読売テレビ新社屋の再開発が進み、OBPも変わろうとしています。

読売テレビ新社屋の建設状況 現社屋にはパナソックが入居

また、大阪のオフィス市況自体、空室率はここ数年で大幅に改善され、さらに賃料も上昇傾向にあります。

今後は大型の新築ビルの供給もあまりないため、ますますオフィス需給が逼迫することが予想されます。

 

訪日外国人旅行者があまり大阪へ訪れない時代には、「大阪に見るところはない」というのが日本の常識みたいなものでした。

 

しかし、その最近になって宿泊するホテルが需要に供給が全く追いついていないことが明らかになり、今ではかなりのホテル建設が進むようになりました。

 

オフィスビルに関しても同じような感じで、需要に供給が全く追いついていないという事態が近づいているような(^_^;)

 

南西側から撮影。

 

大阪ビジネスパーク(OBP)周辺は、余裕をもって街づくりがされているので歩いていて気持ちが良い場所です。

 

周辺の地区も含めて、いろいろ整備をすれば、さらに面白い街になっていくポテンシャルはあります。

 

大阪城とOBPの組み合わせが美しい

 

大阪ビジネスパーク(OBP)の最も大きな利点は、大阪城が近くにあるということ。

 

日本の都市の特徴なのですが、お城や城跡の近くがその街の中心または官庁街というのはよくあるパターンです。

東京でいうと江戸城跡、つまり現在の皇居周辺に丸の内や霞が関があるのもその一つの例です。

 

大阪も府庁や官庁街が大阪城の西側にあります。

 

城跡はお堀があったり、広大な公園があったりで、環境としてはとても良いのです。そこにインテリジェントビルが並ぶ光景はなかなか見ごたえがあります。

 

特に大阪は、復興天守ですが、都心の真ん中に天守閣があるのは貴重な財産ですし、天守閣と現代の都市の組み合わせで魅力ある景観を作り出すのは確かです。

 

例えばこの写真。大阪城天守閣の展望台からのOBPの写真です。かなり前の写真で今よりもビルが少ないですが。

 

お城の間近にこんな超高層ビル群を眺められるのは、全国でもここだけじゃないでしょうか。

 

大阪城は城の中にエレベータがあったり、ひどく観光地化しているので旅慣れた白人観光客にはあまり評判が良くありません。

しかし、アジア人観光客や日本が初めてのような観光客には人気があり、最近では平日でもかなり混雑をしているようです。

 

また有名なのは、この大阪城天守閣と超高層ビル群が並ぶ光景。

 

 

お堀から新MID大阪京橋ビルの建設現場。水面にビルの姿が映っていてきれいでした。

 

大阪城周辺は、観光やビジネスにと、まだまだ人を集める魅力を生かしきれていない感じがします。