大手町「(仮称)OH-1計画」は、三井物産と三井不動産が東京・大手町で進めている大規模開発プロジェクトです。

 

この再開発では、跡地にもともとあった三井物産の本社機能を、再び新しいビルに移すことが予定されています。

 

さらに、200mの超高層ビルの上層階に「フォーシーズンズホテル」が出店することが発表されていて、東京高級ホテル戦争がますますヒートアップすることになります。

 

スポンサーリンク

大手町「(仮称)OH-1計画」基本情報

 

「(仮称)OH-1計画」は、大手町一丁目2番地区の大規模開発です。

この皇居に面する場所に、地上31階、高さ約160mのA棟と地上39階、高さ200mのB棟という2棟の超高層ビルが

建設されます。

 

大手町は再開発ラッシュで、すぐそばのていぱーく跡地では、ツインタワーの建設が進んでいます。

大手町のツインタワー再開発の様子と築地のツインタワー構想

 

「(仮称)OH-1計画」でできる2つの超高層ビルのイメージはこんな感じ。

 

出典 三井物産不動産株式会社

 

再開発の場所はこの辺りになります。

出典 三井物産不動産株式会社

 

A棟とB棟の配置です。A棟は皇居に面することになります。A棟の前面は道路になるので皇居を遮るものがないため、低層階からでも眺望が良さそうです。

出典 三井物産不動産株式会社

 

2棟のビルの断面図。A棟によって視界が遮られないB棟の高層部分にフォーシーズンズホテルが入居することになっています。ホテルからは皇居の景色を眺めることができるよう配慮されています。

出典 三井物産不動産株式会社

 

現在の建設状況

 

「(仮称)OH-1計画」の現在の建設状況です。

 

既存ビルの取り壊しはすでに終了して、いよいよ新規ビルの建設へと向かっていきます。

 

建築計画です。敷地面積が20,000平方メートル以上あるので十分な敷地があります。

 

工事完了予定は平成33年3月末となっていますが、三井不動産のホームページでは2020年2月末に建物が竣工することになっています。

 

スポンサーリンク

フォーシーズンズホテルが出店

 

「(仮称)OH-1計画」のB棟高層部に大手町のフォーシーズン(名称未定)が2020年春、東京オリンピック前には開業する予定です。

 

フォーシーズンズは外資系の高級ホテルですが、東京ではかつて「フォーシーズンズホテル椿山荘」がありましたが、2013年にフォーシーズンズとの提携が終了し、現在は「ホテル椿山荘東京」となっています。

 

現在日本のフォーシーズンズは2つのみで、「フォーシーズンズホテル丸の内東京」と「フォーシーズンズホテル京都」だけです。

 

フォーシーズンズはすでにすぐ近くの東京駅に隣接する「パシフィックセンチュリープレイス丸の内」の3~7階にあります。

 

丸の内とありますが、八重洲口の南に位置し、八重洲口側になります。

 

「フォーシーズンズホテル丸の内東京」は超高級ホテルであることは間違いないのですが、ビルの3~7階というロケーションを考えると、新しく大手町にできる高層階のフォーシーズンズはさらにグレードが高くなるのではないかと思われます。

 

東京高級ホテル戦争がさらに激化

 

近年の訪日外国人旅行者の増大と2020年の東京オリンピックを見越して、外資系の高級ホテルが相次いで東京へ進出を果たしています。

 

ほとんどの外資系高級ホテルブランドが揃い踏みのような状況になってきています。

大手町にできるフォーシーズンズはその中でもトップの位置を目指せる実力はあります。

 

ホテルのグレードを参考するのに、さまざまな格付けがあります。

格付けで東京の高級ホテルの位置づけをみてみます。

 

ミシュランガイド東京2017のホテル格付け

 

レストランの格付けで有名なミシュランガイドですが、ホテルの格付けも行っています。

 

ミシュランガイド東京2017によると、東京で最高級となる5パビリオン(5つ星)を獲得したのは次の10のホテル。

  • アマン東京
  • グランドハイアット東京
  • コンラッド東京
  • ザ・リッツ・カールトン東京
  • ザ・ペニンシュラ東京
  • シャングリ・ラ ホテル 東京
  • ホテル椿山荘東京
  • パークハイアット東京
  • フォーシーズンズ丸の内 東京
  • マンダリン オリエンタル東京

 

外資系を中心に超高級ホテルが並びます。まさに超高級ホテル戦争勃発という感じです。

 

フォーシーズンズとかつて提携をしていた椿山荘やフォーシーズンズ丸の内東京も5つ星に選ばれています。

 

ただ、10の5つ星があると、どれが最も素晴らしいのかは悩んでしまいます。そこでもっと他の格付けや評価を見てみます。

 

「フォーブス・トラベルガイド」2017の格付け

 

アメリカの「フォーブス・トラベルガイド」は、ホテルの5つ星の格付けやレビューを行っています。

 

東京の5つ星は次の3つ。

  • マンダリン・オリエンタル東京
  • パレスホテル東京
  • ザ・ペニンシュラ東京

 

マンダリン・オリエンタル東京は3年連続、パレスホテル東京は2年連続で5つ星を獲得したことになります。

ここで、ミシュランでは5つ星に登場しなかったパレスホテル東京が最上級ホテルに顔をだすことになります。

 

「フォーブス・トラベルガイド」の4つ星ホテルは11。その内ミシュランの5つ星ではないホテルは以下の3つです。

  • アンダーズ東京
  • 帝国ホテル東京
  • 東京ステーションホテル

 

う~ん、ますます最もすばらしいホテルを選ぶのが難しくなってきました(^_^;)

 

トラベルウィークリーの格付け

 

「トラベルウィークリー」という旅行誌・旅行サイトがホテルの格付けを10段階で行っています。

 

こちらの格付けの最高位は、ランク10の「Superior Deluxe」。

 

東京の「Superior Deluxe」にランクインしているホテルは以下の3つだけです。

  • パークハイアット東京
  • ザ・ペニンシュラ東京
  • ザ・リッツ・カールトン東京

 

以上3つのホテル格付けを見てきたのですが、すべてに最上位にランクインしているのは「ザ・ペニンシュラ東京」のみ。

 

新たにできる大手町のフォーシーズンズも確実にこれらの格付けの最上位にランクインする実力があるものと思われます。

 

フォーシーズンズもすでに東京に進出してるにもかかわらず、新たに新規出店するのは、トップを狙う相当な覚悟があるはず。

 

ザ・ペニンシュラ東京など脅かし、どのような格付けがつくか楽しみです。