池袋駅は日本でも有数のターミナル駅で多くの人が行き交います。

 

池袋といえば、西口と東口への行き来は、けっこう面倒です。中央通路などは人で混雑しているし、駅の外にも地下道があるにはあるのですが。

 

そんな不便も池袋駅の上空に東西を行き来できるデッキを作る計画があります。将来的には東西デッキの建設によって、池袋駅の西口と東口との行き来がしやすくなります。

 

さらに、今回見てきた「「西武鉄道池袋旧本社ビル建替え工事」ですが、新たにここにもデッキでつながる事になり、池袋の街全体の賑わいが増すことになります。

 

スポンサーリンク

池袋 西と東で遮断されていた過去

 

池袋駅の西口と東口との間は、今は中央通路などがあり、相互に行き来することができます。

 

しかし、実は昭和35年頃までは、池袋駅には中央通路がなく、東口と西口はつながっていませんでした。

 

では、西口から東口へ行きたい人や、逆に東口から西口に行きたい人はどうしていたかというと、わざわざ切符を購入して駅構内を通り抜けをしていました。

 

また国鉄池袋駅(当時はJRではありません)だけでなく、地下鉄丸ノ内線の池袋駅も東口の下あたりに駅があったため、池袋駅の西口と東口はもはや分離されていたような状況でした。

 

 

スポンサーリンク

現在は行き来できるようになったけれども

 

池袋の西口と東口の遮断は、現在は中央通路などができているので、行き来することはできますが、ただ通路の広さに比べて人が多すぎたりで、なんとなく心理的に少し面倒です。

 

その他、駅構内ではないのですが、北側に「ウイ ロード」、南側にも「ビックリガード」があるので、そこを利用する人もいるでしょう。

ただ、特に「ビックリガード」は歩く距離も長く感じるし、周囲の雰囲気が良くないため利用をしたくないという人もいるでしょう。西武池袋駅の南口からは便利なんですがね。

 

 

「西武鉄道池袋旧本社ビル建替え計画」で高層ビルが誕生

 

そのビックリガードの近くには、西武鉄道池袋旧本社ビルがありました。現在このビルの建替工事が行われ、この付近に新たな人を呼び込むビルが生まれようとしています。

 

完成イメージです。

出典 株式会社西武ホールディングス

 

このビルができる場所はここ。池袋駅からだとビックリガードのさらに南になります。事業の概要によると、100mほどの高層ビルが建つことになります。

 

出典 株式会社西武ホールディングス

 

ビルは2階までは店舗、その上はオフィスエリアになります。オフィスはワンフロアで無柱の約640坪があり、ワイドな空間が魅力です。

出典 株式会社西武ホールディングス

 

 

「西武鉄道池袋旧本社ビル建替え工事」の様子

 

「西武鉄道池袋旧本社ビル建替え工事」の様子を見てきました。

 

建築計画です。完成は2年後の平成31年の春です。

 

逆光になってしまいましたが、北東側からの様子。

 

西武池袋線の線路の上にビルは建てられますね。

 

西側の様子です。今後どんどんビルが高くなっていきます。

 

デッキの建設で回遊性が良くなる池袋の街

 

「西武鉄道池袋旧本社ビル建替え工事」ですが、豊島区が計画する「池袋駅東西連絡通路(東西デッキ)整備基本構想」と合わせて、回遊性の向上と南池袋の活性化が期待されます。

 

豊島区 池袋駅東西連絡通路(東西デッキ)整備基本構想

https://www.city.toshima.lg.jp/405/machizukuri/fukutoshin/documents/hp_tozaidekki.pdf

 

計画によると、南北に東西デッキを建設しますが、南デッキを先行して整備するようです。

 

南デッキを先行して整備する理由を「ビックリガード」が恐いという声が多いからではなく、次のような理由があるからです。

  • 西口のメトロポリタンプラザビルに東西デッキとの接続を考慮した施設がすでにある。
  • 避難経路等として有効な機能を備えた「西武鉄道旧本社ビル」の計画

 

東西デッキに加えて、こんな感じでデッキが西武鉄道の新しいビルまでつなげる計画です。

出典 豊島区 池袋駅東西連絡通路(東西デッキ)整備基本構想

 

今回紹介した新しいビルのおかげもあって、東西デッキ整備のうちどちらかといえば、あまり賑やかでない南側につなげる理由になっているのです。

 

 

東西デッキは防災面でも活躍

 

大地震のリスクが高い日本では、街の回遊性以上に大事なのが「安全な街づくり」です。予想される首都直下型地震への備えも必要です。

 

池袋駅では、東日本大震災の時に大きな混乱をおこし、多くの帰宅困難者が発生しました。東西デッキは帰宅困難者の一時待機場所としても活用されるよう考えられています。

 

また、西武鉄道の新ビル方面にもデッキがつながり、周辺の避難経路としても、もしもの場合の備えとして考えらえています。

 

池袋駅に関しては、東口と西口のの行き来だけでなく、東口からサンシャインに行くのは、すべて地上から行けば、間にいくつかの信号があり、スムーズではありません。

 

ずっと地下だけでアクセスすることもでき、雨の日なんて、できれば濡れずに行けるようになれば良いのですが。