東京や大阪の都心部でのホテルの供給が不足しています。訪日外国人旅行者の急増によって、日によってはホテルを探すのに大変苦労した経験の人も多いでしょう。

 

また、需要に比べて供給が少ないため、宿泊費が高騰しています。

 

特に深刻なのは大阪です。以前は供給過多という状況もあり、価格競争が激しく宿泊費がリーズナブルだっただけに現在の高さは余計に厳しく感じます。

 

ただ、近年はホテルの開発が進み、徐々に供給量も増えてきそうな感じで、状況の改善が待たれます。

 

スポンサーリンク

「ホテル京阪 淀屋橋」が2017年7月オープン

 

「ホテル京阪 淀屋橋」が2017年7月28日(金)にオープンします。

 

場所はココ

場所は京阪・地下鉄淀屋橋駅と京阪・地下鉄北浜駅の間でやや北浜寄り。

 

大阪のビジネス街の淀屋橋、本町にも至近ですし、大阪証券取引所もすぐ近くにあるので、特にビジネス客にとっては使い勝手の良い場所。

 

また、京都にも京阪電鉄で1本で行けますし、新大阪や関空へのアクセスも悪くありませんので観光目的の人でも利便性は悪くないはずです。

 

出典 ホテル京阪 淀屋橋

 

公式ホームページでは、サラリーマン金太郎の漫画を使って、このホテルの良さをアピールしています。なかなか面白いサイトです。

 

ホテル京阪 淀屋橋 公式ホームページ

https://www.hotelkeihan.co.jp/yodoyabashi/

 

このホテルのアピールポイントとしては、アクセスの良さに加えて、

 

  • デュベスタイルとシモンズのマットレス
  • 70種類の豊富なメニューとご当地グルメの朝食バイキング

 

などです。ゆっくり夜は休めて、朝はボリュームのある朝食でパワーアップできます。ご当地グルメはたこ焼きやおばんざいが紹介されています。

 

こんな感じの和モダンのデザインも好感が持てます。

 

フロント:イメージ

客室

出典 ホテル京阪 淀屋橋

 

 

スポンサーリンク

現地へ行ったがホテルはほぼ完成

 

5月初旬に淀屋橋に行き、ホテルの様子を見てきましたがほぼ完成した状況です。残すところはホテルの前の植栽などを整備していました。

 

淀屋橋や北浜というと近代的なビルが立ち並ぶというイメージがあるでしょうが、周囲には「適塾」や「愛珠幼稚園」などの名所や古い貴重な建物もあり観光での見どころもあります。

 

大阪の愛珠幼稚園 オフィス街の真ん中に突如と現れる日本最古の木造幼稚園園舎

 

 

相次ぐ都心部でのホテル出店計画

 

訪日外国人旅行客、特に中国をはじめアジア各国からのゲストが激増しています。

 

ホテル不足は、宿泊費の高騰につながりせっかくの日本へ来たいという人たちの意欲を削ぐ可能性もあります。

 

観光も他都市との競争にさらされていますし、交通費が高めの日本は余計に出費がかかりがちですから、あまり宿泊費が異常に高いのはよくありません。

 

また、日本のビジネス客や旅行者にとっても、今のようなホテルの予約が難しかったり、異常に高い宿泊費はゴメンですよね。

 

旺盛な需要に対応するために、東京や大阪などの都心部では特にホテルの出店計画が相次いでいます。また都心部周辺や京都などの観光地も同様です。

 

例えば話題のこのホテルも東京や大阪での出店計画があることが明らかになっています。

 

「変なホテル」、東京・大阪にも出店へ ロボットが接客

朝日新聞デジタル

 

以前こんなニュースも紹介しました。阪神電鉄とJR西日本が初めて複合ビルの共同開発を行います。テナントは主にホテルになります。

阪神電鉄とJR西日本が共同で大阪福島区に複合ビルを共同開発 関西の鉄道会社にも変化

 

オリンピックの開催年をにらんでさらに需要が増大しますので、そこを目指して続々と計画があります。

 

東急不/都市型ホテル全国展開へ/20年までに4300室めざす

日刊建設工業新聞

 

20年に1万室目標/JR東日本グループ宿泊事業強化

日刊建設通信新聞

 

日本の訪日外国人旅行客の伸びは少し鈍くなりましたが、それでもインバウンド需要が今後日本の成長を支えることは間違いないと思われます。

 

用語 インバウンドとは?

 

おもてなしのソフト面だけでなく、しっかりとハード面も整備して今以上の外国人が訪れるような環境づくりが大事でしょう。