竹橋の皇居の平川門前、毎日新聞社の隣に丸紅本社がありましたが、現在は取り壊され丸紅本社は現在日本橋に移っています。

 

丸紅本社の日本橋への移転は一時的なもので、本社ビル跡地に新本社ビルを新たに建設し、完成後は再び本社機能を新本社ビルに移します。

 

大手町にも近く皇居のお濠の周辺ですから本社所在地としては魅力的です。

 

大手総合商社で本社移転を計画しているのは丸紅だけではなく、大手商社の本社移転が続々と進もうとしています。

 

スポンサーリンク

丸紅新本社ビル「(仮称)大手町1-4-2計画」

 

竹橋には丸紅の本社がかつてありました。その地はさらに前には、一橋徳川家屋敷だった時代もありました。

 

 

丸紅は本社を2016年に「東京日本橋タワー」に移転をしましたが、それは旧本社ビルを取り壊し、新たに新本社ビルを建設するためです。

 

かつての白い丸紅本社ビルもなかなかの名建築でしたが、新しい本社ビルも皇居の側でその景観を壊すことのないデザインです。

 

こちらが完成イメージ。

 

出典 丸紅株式会社

 

皇居側からのイメージです。

 

出典 丸紅株式会社

 

高さ規制もありますのでそれほど高いビルは建てることができませんが、それでも100mを超える地上22階建て高さ約112mになります。

 

新本社ビルはオフィス機能だけでなく、低層部には一般の人々も自由に出入りできる文化交流機能の拠点も設けられます。

 

本社ビルで、しかも商社のような基本BtoBの会社の本社ビルとなると一般的には立ち入ることができる雰囲気がありませんから、自由に出入りできるスペースはうれしいですね。

 

現在の様子

 

丸紅新本社ビル「(仮称)大手町1-4-2計画」の2月中旬現在の現地の様子です。

 

北東側かの様子です。向こうは皇居になるのでビルなどがなく広い空が広がります。

 

 

建築計画です。敷地面積が6156㎡ほどで、高さ約112mほどの超高層ビルですが、延床面積は80000㎡以上もあります。

 

ちなみにこの土地ですが、元々は三菱地所の所有だったようですが、1996年に丸紅に売却をしています。

 

南側からの様子です。

 

南東側からの様子です。完成予定は2年後の2020年になります。

 

 

スポンサーリンク

進む大手商社の本社移転

 

丸紅の本社を移転し、新たに新本社ビルを建設する動きですが、競合する他の大手商社にも同じように本社移転が見られます。

 

三井物産は現在大手町に本社ビルを建設中です。その再開発の様子も以前紹介をしました。

 

大手町「(仮称)OH-1計画」の建設状況 入居するフォーシーズンズホテルと東京高級ホテル戦争の行方

 

竹橋の丸紅本社からはそれほど離れてなく、徒歩で10分もかからない距離の大規模な再開発です。

 

住友商事は現在晴海トリトンスクエアにありますが、やはり大手町に本社機能を移す計画があります。

 

こちらの再開発のビルに住友商事本社が入居する予定になっています。

 

大手町のツインタワー再開発の様子と築地のツインタワー構想

 

ツインタワーのB棟に住友商事の本社が移転する予定ですが、グループ全てはビルに入居しきれずに神田錦町などの自社開発物件に分散させて入居させるという情報もあります。

 

そのひとつがこちらの再開発でしょうかね。

 

「(仮称)神田錦町二丁目計画」の現在の様子 総合商社と不動産・再開発事業

 

さらに伊藤忠商事も青山にある本社が1980年の竣工なので建て替える見通しです。

 

このように大手商社の本社が相次いで移転や建替えて新たな本社ビルになることになります。