地下鉄堺筋線扇町駅やJR環状線天満駅から徒歩ですぐの場所に、扇町公園はあります。

大阪駅から一駅の距離で、梅田から歩いて行くことも可能な距離で、市民の憩いの場になっています。

 

その扇町公園の近くに現在タワーマンションが建設されています。

 

都心回帰の傾向で、タワーマンションの建設が大阪でも盛んですが。住居を選ぶ大きな理由として利便性は重要ポイント。

 

さらに近くに大規模な公園があることも、特にファミリー層には重要な要素なのです。

 

スポンサーリンク

「扇町公園」の近くにタワーマンションが建設中

 

大阪市内でもアクセスの良さでは、一二を争う扇町公園。扇町公園のすぐ近くに現在タワーマンションが建設中です。

 

マンションの名前は、「シティタワー東梅田パークフロント」。梅田からは少し歩きますが、この辺りも梅田といえるギリギリの所でしょう。

 

正確には扇町公園の前ではないですが、マンション前には別の野崎公園がありますし、扇町公園も信号で止まらなければ徒歩で2~3分程度なので“パークフロント”という名称も誇大ではないでしょう。

 

スポンサーリンク

「UMEDA×PARK」というコンセプト

 

「シティタワー東梅田パークフロント」のコンセプトの一つである「UMEDA×PARK」。

 

梅田という都市の象徴的な街と公園。一見相容れない2つの条件を手に入れることができます。

 

都心回帰で梅田のような街に住みたい気持ちはあるけれど、緑が少なかったり、家族で遊ぶ公園が近くにないことで購入を躊躇するような人には朗報ですよね。

 

こんな感じで、完成イメージでは扇町公園からマンションを間近に見ることができます。桜も咲いて、花見のシーズンは楽しみです。

外観完成予想図

出典 シティタワー東梅田パークフロント 公式サイト

 

扇町公園からすぐの立地に加えて、大川沿いにある桜ノ宮公園、大阪城公園、中之島公園にも自転車に乗ってすぐの立地という意外にも自然を楽しむことができるロケーションです。

 

梅田まで徒歩圏内でアーバンライフを満喫できるにもかかわらず、公園が周辺にいくつもあるのはなんとも贅沢です。

 

梅田から近いということで、当然ですが鉄道でのアクセスも申し分ありません。ホームページでは東梅田までは徒歩10分と紹介をしています。

 

気になる共用スペース「Sky Atrium(スカイアトリウム)」

 

タワーマンションの魅力の一つは豪華でステイタスの高い共用スペースですが、人気のスカイラウンジも、もちろんこのマンションにもあります。

 

都市生活ラボが一番気になったのは、スカイランジからそのまま外に出ると、2層吹き抜けの空間「Sky Atrium(スカイアトリウム)」があります。

スカイアトリウム完成予想図

出典 シティタワー東梅田パークフロント 公式サイト

 

こんな感じでオープンエアで広い青空を楽しむことができます。夜には星空も見ることができ、都会の喧騒を忘れさせてくれます。

 

現在の建設状況

 

「シティタワー東梅田パークフロント」の7月中旬取材当時の建設状況です。

 

こちらは北東側の様子。すでにクレーンが現れていて、これから徐々に高さが上がっていくところです。

 

梅田からも近いですが、すぐ近くにはあまり超高層の建物がなく、存在感はありますね。

 

現地に掲示されていた完成イメージです。公開空地の緑も好印象です。

 

マンションの隣は墓地でした。超高層マンションですから、あまり視界に入らず特に気にならないかも。

 

マンションの前にある野崎公園からの様子。すぐ近くにスーパーライフ太融寺店がありますので、買い物にも便利です。

こちらのスーパーは朝8時から深夜2時まで営業をしていますので、いろんなライフスタイルの人にマッチしそうです。

 

扇町公園の入り口です。向こうに見える建物は関西テレビです。キッズプラザ大阪という子供が遊べる場所や市営のプールも近くにあります。

 

都市公園「扇町公園」の種類と規模

 

扇町公園は梅田から歩いて行くことも可能な都市公園です。

 

立地も便利な場所なので、けっこう有名な公園なのですが、その種類は「地区公園」です。

 

地区公園とは、半径1km程度の徒歩圏内に居住する人々が利用する4haを標準とする公園のことをいいます。

 

つまり、地区公園はそれほど広域から人が集まってきて利用される公園と想定していません。ただ、各地にある「中央公園」と称される公園は、だいたいがこの地区公園で、立派な公園も数多くあります。

 

扇町公園の規模は、面積が73,195平方メートルと地区公園の標準を上回る大きさで、都市公園とすればけっこうな大きさの公園です。

 

大阪の総合公園である、靭公園や中之島公園などと比べると整備は設備や劣りますが、都会のオアシスとして老若男女が十分活用ができるでしょう。