近年「ゲリラ豪雨」という言葉を耳にする時が多くなっています。

 

昔は考えられないような大雨が突然降ってきて、あっという間にずぶ濡れになってしまいます。

 

特に東京などの大都市で多くなっているですが、なぜゲリラ豪雨は発生するのでしょうか?

また似たような言葉で「集中豪雨」がありますが、ゲリラ豪雨とは違いがあるのでしょうか?

 

スポンサーリンク

ゲリラ豪雨はなぜ起こる?

 

「ゲリラ豪雨」という言葉、これって正式名称ではないのはご存知ですか?

 

「ゲリラ豪雨」とはマスコミがつけた通称で、正式名称は気象庁が使っている「局地的大雨」です。

 

“ゲリラ”という単語自体、物騒であまり望ましいものではありませんので、ちょっと正式名称としてはふさわしくありませんし、最近ではこの言葉の使用を控えようという風潮もあります。

 

昔は、こんなゲリラ豪雨なんてめったになかったのに、最近では夏頃になると頻繁に起こります。特に東京のような大都市ではそれが顕著です。

 

大都市でゲリラ豪雨が頻発することから、その原因の一つに「ヒートアイランド現象」があるのではないかといわれています。

 

 

ヒートアイランド現象とは?

 

「ヒートアイランド現象」とは、様々な都市活動が原因となっている気象現象です。

 

例えば、都市ではアスファルトの輻射熱があったり、大量の車の排熱、工場や密集した住居のエアコンの排熱など気温を上げる要因が昔と比べて増大しています。

 

さらに近年特に東京では、高層ビル建設が盛んに行われています。

 

高層ビルは土地の有効活用としては、優れているのですが、東京湾からの海風を遮る効果があり、そのせいでヒートアイランド現象を強化しているともいわれています。

 

生活が便利になり豊かな暮らしになったのですが、その見返りとして地球の怒りや悲鳴が起こっているともいえます。

 

 

ゲリラ豪雨のメカニズム

 

このように大都市では、気温が上がる要因が増えて異常に暑い空気を生み出しています。

 

その異常に高い空気が、上空の空気に触れると、大気が不安定になり、急速に積乱雲が発達するといわれ、急速に発達した積乱雲が異常な豪雨をもたらすわけです。

 

また東京では、東京湾からの海風がヒートアイランド現象で熱くなった空気を運び、東からの鹿島灘からの風と西からの相模湾からの風とぶつかります。

 

このように風同士がぶつかりあうことで、上昇気流が発生し、より積乱雲が発達しやすくなるのです。

 

ゲリラ豪雨は、ごく狭い範囲で局地的に降る傾向があります。そのため夏は晴れているといっても、場所によってはまったく油断ができないのです。

 

 

スポンサーリンク

集中豪雨とは?

 

ゲリラ豪雨とにた言葉に「集中豪雨」があります。人によっては同じものと思っている人もいるでしょう。

 

集中豪雨とは、「局地的で災害をもたらすような短時間の強い雨」を意味するもので、狭い範囲に短時間で集中的に大雨が降る現象です。

 

積乱雲が同じ場所で繰り返し、発生し発達することで起きます。

ゲリラ豪雨が、単独の積乱雲による局地的な大雨という点で区別ができます。

 

集中豪雨が起こる仕組みにはいろいろなものが指摘されていいますが、その大きなひとつが「バックビルディング現象」です。

 

バックビルディング現象とは、積乱雲の風上に次々と積乱雲が発生する、続々と発生した積乱雲がまるで列をなして襲来するような現象です。

 

集中豪雨によって大規模な土砂災害をもたらすなど、都市生活を妨げるような被害が発生し、より注意が必要になってきています。