関東地方では、小中規模な地震はあるものの、大きな被害をもたらす大地震は関東大震災以来起こっていません。

 

関東大震災からおよそ100年程度になりますので、関東は大地震が少ないというイメージを持つ人もいるでしょう。

 

しかし、歴史上この地域は、大地震が多く、大きな被害が発生したことがたびたび記録されています。

 

その歴史から分かることは、関東では直下型の地震の発生を警戒すべき時期に入っているということです。

 

スポンサーリンク

関東・伊豆の大地震の傾向

 

関東・伊豆地方の大地震といえば、1923年の関東大震災をイメージする人が多いと思います。

 

関東大震災は、相模トラフ沿いで発生した地震ですが、歴史上周期的に起こる地震で警戒が必要なのですが、その発生の危険性が上がるのは、あと100年程度後だといわれています。

 

では、大きな地震の危険性がないのかというと、最も気をつけないといけないのが、直下型地震。しかも首都圏の内陸型地震は甚大な被害の発生が予想されるので、より警戒が必要です。

 

スポンサーリンク

関東・伊豆の主な大地震

 

1703年 元禄地震

 

発生:1703年(元禄16年11月23日)12月31日 午前2時ごろ
地震の規模:M7.9~M8.2
最大震度:7(推定)

死者10,367人、負傷者多数

 

1923年の関東地震と同タイプの地震だったと考えられ、規模はさらに大きかったと考えられています。地震のタイプは相模トラフのプレート境界付近で起こった海溝型地震です。

関東地方南部の広範囲で震度6相当の揺れがあったといわれ、遠く東北地方から近畿地方までこの地震による揺れを感じたという記録があります。

揺れによる被害だけでなく、津波も発生し、被害が拡大しました。

 

 

1855年 江戸地震

 

発生:1855年11月11日(安政2年10月2日)12月31日 午後10時ごろ
地震の規模:M7.0~M7.1
最大震度:6(推定)

死者10,000人(推定)、負傷者数千人

 

関東地方南部で発生した直下型の大地震で、安政の大地震や安政江戸地震とも呼ばれる場合があります。

江戸の中でも揺れが特に大きかったのは、隅田川の東側(現在の江東区辺り)で、津波はなかったと考えられています。

地震の後約30ヶ所から出火しましたが、小雨で風も穏やかだったせいで大規模な延焼は免れました。

 

 

1923年 関東地震

 

発生:1923年(大正12年)9月1日午前11時58分32秒(日本時間)
地震の規模:M7.9
最大震度:7(推定)

死者105,385人、負傷者103,733

 

1703年に起こった元禄地震と似たようなメカニズムで起こったと考えられ、元禄地震を「元禄関東地震」、本地震を「大正関東地震」と呼ぶ場合もあります。
相模トラフのプレート境界に沿って発生した地震といわれており、これらの地震を総称して「相模トラフ巨大地震」といいます。

小田原付近が最も被害が大きかったといわれますが、全壊した建物は木造家屋では5割を超えたと言われています。

津波、火災、地すべり、崖崩れなど地震に伴う災害が広範囲に起こっており、被害を拡大させていて、この地震によって引き起こって地震災害を「関東大震災」といいます。

 

 

1930年 北伊豆地震

 

発生:1930年(昭和5年)11月26日午前4時2分46.9秒(日本時間)
地震の規模:M7.3
最大震度:6

死者272人、負傷者572人

 

伊豆半島北部で発生した直下型地震で震源に近い三島市では震度6という強い揺れが起こりました。
被害が最も大きかったのは、韮山村(現在の伊豆の国市)でおよそ4割ほどの家屋が全壊したといわれています。

 

 

1931年 西埼玉地震

 

発生:1931年(昭和6年)9月21日午前11時19分59秒(日本時間)
地震の規模:M6.9
最大震度:5

死者16人、負傷者146人

 

震源の深さがたいへん浅く、関東地方の広い範囲で震度5を記録しています。
体に感じる余震がおよそ3週間続き、M5.6という最大の余震も2週間後に発生しています。
最大の被害は埼玉県ですが、隣接する群馬県でも5人の命が奪われました。

 

 

1974年 伊豆半島沖地震

 

発生:1974年(昭和49年)5月9日午前8時33分27秒(日本時間)
地震の規模:M6.9
最大震度:5

死者30人、負傷者102人

 

被害のほとんどは南伊豆町に集中し、中木地区で城畑山の斜面が地すべりを起こし、民家16戸が埋没し、27人が死亡しました。
この地震以後、伊豆半島付近の地震活動が活発になったといわれています。

 

1978年 伊豆大島近海の地震

 

発生:1978年(昭和53年)1月14日午後12時24分39秒(日本時間)
地震の規模:M7.0
最大震度:5

死者25人、負傷者211人

 

東伊豆町で震度6相当の揺れがあったといわれ、伊豆大島の他横浜市でも震度5の強い揺れを観測してます。
被害が大きかったのは、震源に近い伊豆大島よりも伊豆半島東部になり、崖崩れなどによって多くの死者を出しました。

 

 

1987年 千葉県東方沖地震

 

発生:1987年(昭和62年)12月17日午前11時8分17秒(日本時間)
地震の規模:M6.7
最大震度:5

死者2人、負傷者161人

 

フィリピン海プレート内地震で、多くの場所で崖崩れの発生が見られたり、比較的柔らかい地盤の地域では液状化現象も見られました。
震源の千葉県東方沖は、周期的に群発地震が発生しており、「地震の巣」としても知らており、今後もより警戒が必要な場所です。

 

2000年 伊豆諸島の群発地震

 

発生:2000年(平成12年)7月1日午後4時01分(日本時間)など
地震の規模:M6.5ほか
最大震度:5

死者1人、負傷者15人

 

2000年6月26日以降、伊豆諸島の三宅島・神津島・新島付近で発生した群発地震で、当初は小規模な地震でしたが、次第に活発化しました。
地震総数が14,200回にもおよび、震度6弱を観測した地震が計6回、M6クラスの地震が計5回も起こりました。

 

 

2005年 千葉県北西部の地震

 

発生:2005年(平成17年)7月23日午後4時35分(日本時間)など
地震の規模:M6.0
最大震度:5強
負傷者38人

 

死者はなかったものの、震源に近い千葉県や東京都などで38人の負傷者を出しました。

この地震で注目されたのは、エレベータの閉じ込めのケース。47件もの事例がありました。また首都圏では交通網に大きな混乱があり、あらためて地震に対する都市の脆弱さが露呈されました。

 

 

まとめ

 

この地域で最も注意が必要なのが首都圏の直下型地震です。M7級の大地震が発生する予測もあり、今後30年以内の地震発生確立も高い数値になっています。

まだまだ十分ではないものの、首都圏直下型地震への対策は立てられるようになってきています。

「西武鉄道池袋旧本社ビル建替え工事」の様子 池袋の回遊性向上に注目

 

池袋の場合は、本来の目的である回遊性にプラスして防災対策という感じです。