京都伏見と大阪との間には戦前は水運が発達していました。   古くは豊臣秀吉の時代から、そして江戸時代では「三十石船」が淀川を行き交い、多くの旅客を運んでいた時代もありました。   ただ、・・・